<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

子どもの異文化交流をめぐって

私の仕事をしているところは韓国の団体と交流があって、この夏休みに日本の子ども(小・中学生)数人が韓国を訪れるという企画がありました。大人の同行者として私に声をかけられたのですが、家の都合で行かれなかったとは以前書きましたが、その訪問の様子を今日聞きました。

韓国の子どもと一緒に韓国式のお茶や礼儀作法を教えてもらったり、染物をしたり、ネイチャーゲームをしたりと、いろいろ楽しいことを用意して迎えてくれたそうです。また、ホームステイをし韓国の家庭で過ごす時間もあって、貴重な体験をできとても良かったという同行者の報告でした。

なかで参加した子のお母さんの話によると、聞いてもあまり話したがらないのだそうです。言葉も全くわからないところで、食べ物も食べられなかったなどとポツリポツリ話すだけだとのことでした。今はそのようにしか言えなくても、何かを感じることがあって、これから先に残るものがあるでしょうと話してくれました。

親の勧めで参加した子がほとんどですが、異文化体験というのは子どもの場合難しいことがあるのだろうなと思いました。その子の年齢や性格なども大きく影響するのでしょうが、親と離れて不安な状況での体験はよくも悪くも印象が強く残るでしょう。この子の場合、お母さんがしっかり受け止めてくれているので、悪いことにはならないだろうとは思いますが……。

私が今回の韓国行きを断ったことに、自分の子だけでも思うようにならないのに、複数の子どもたちの世話をするのは気が重いと思い、家の都合を口実にした部分もあります。今にして思うと、気が重いことの理由に、子どもの場合の影響のことが気がかりだったのだと気がつきました。子どもの異文化交流はとても意義あることではあるけれど、それだけ責任の重いことであると感じています。それを受け止めるだけの力量がついたら、いつか、引き受けようとは思っています。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-30 23:50 | 日々のつぶやき | Comments(5)

韓国みやげ「유자 초콜릿」

友人が夏休みに韓国に行ったといって、お土産をくれました。私は商品とみると内容が気になり、必ず包装の裏にある食品表示を見ます。

d0041400_15565526.jpg

유자 초콜릿  ゆずチョコレート
・코코아 가공품:코코아버터(17.718%),코코아메스(8%)
・ココア加工品:ココアバター(17.718%),カカオマス(8%)
・주원료:백설탕,전지분유,유자엑기스(국내산)
・主原料:白砂糖,全脂粉乳,ゆずエキス(国内産)
ココアバターの含有率の数字の細かさは、いったい何を意味しているのでしょうか。

原材料にも配慮がされているようす。ゆずの香りがして、おいしかったです。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-28 16:04 | 食べ物이야기 | Comments(8)

秋のハングル検定にむけて

おととい新宿に行く用があったので、紀伊国屋書店に寄って「ハングル」能力検定試験の願書をもらってきました。

d0041400_205736.jpg思い出の旅行記などを書いて楽しんでいるうちに、もう3ヶ月をきってしまいました。そして、近づくにつれて、初めての受験なのに3級なんてとんでもない! と思い始めています(いつか、言ったことと違ってきています、揺れ動く私・・・)。来年の夏に韓国に行くのでそれまでに3級をとれればよいとし、秋に4級でよいことにしようと思います。
じっくりゆっくり行くことに致しましょう。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-26 21:06 | 日々のつぶやき | Comments(7)

「ラブストーリー・イン・ハーバード」第14回

ドラマ終盤に向けて、怒涛の展開です。病気の花嫁も、殺人容疑者の花婿も駆け回って結婚式にたどりつきました。美しい2人の姿をご覧ください。

d0041400_9321539.gif

会話の中は、색시・며느리・신부(花嫁・嫁・新婦)などのお嫁さん関連単語のオンパレードでした。

さて、結婚に関する語に、시집(女性の結婚)、장가(男性の結婚)というのがあります。

8月5日のNHKラジオ講座のポイントで、「外出名詞」というのがあげられていました。「自分がいるところから外に出て行って、始まりがあって、終りがあるような、一定の長さを持った営みを表す名詞」をいいます。
「学校に行く」は「학교 가다」なのに、「留学に行く」は「유학에 가다」とは言わず、 「유학 가다」と言うように、助詞は、을/를を使い、後に続く用言は가다(行く)や 오다(来る)のほか、 다니다(回る)などが用いられます。

外出名詞には、낚시(釣り)、도망(逃亡)、소풍(遠足)、 쇼핑(ショッピング)、심부름(お使い)、유학(留学)、이사(引っ越し)、전학(転校)、출장(出張)、피서(避暑)などたくさん... 。

その中に、시집(女性の結婚)、장가(男性の結婚)があるのが気になりました。どうして、結婚が外出名詞? それも、日本語でも「お嫁に行く」という言葉があり女性なら考えられそうですが、男性の結婚も?

そこで、結婚について調べてみました。
伝統的に結婚は親同士が決めて、式まで顔を見ないことが普通だったこと、結婚は嫁入り婚が一般的で夫の家に住むが、新しい生活になれるために新婦が3日目に新郎とともに実家に帰り、しばらくして新郎の家に帰る習慣が象徴的に残っていることなどがわかりました。

このような経緯を知ると、結婚に際して新郎新婦が家を出たり入ったりするのだから、「시집・장가」が外出名詞というのも、うなずけるように思いました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-24 09:42 | 韓国の言葉・学習 | Comments(4)

行ってみたいところ:南山韓屋村

남산골한옥마을

d0041400_184938.jpg

남산에 옛날 마을이 있다는 걸 아세요?
南山に昔の町があることをご存知ですか?
실제로 서울에 남아 있던 전통가옥을 그대로 이전해서 마을을 만들었다고 합니다.
実際にソウルに残っていた伝統家屋をそのまま移転して町を作ったそうです。

d0041400_18435100.jpg

「茶母」や「大長今」のドラマを見て時代劇が好きになりました。ソウルに行ったら、南山なら地図を見ながら行き着けます。手軽に時代劇の世界に浸れそうで、楽しそうです。ソウル出身の人と話をしたときに、このあたりは散歩するのに良いところだと言っていました。

もうひとつ、涼しげなのを~~
d0041400_1828975.jpg

[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-22 18:08 | 韓国 | Comments(0)

おわりに/’86年夏 韓国行10

夏休みに思い立ち、はじめた思い出話もやっと終わりにたどり着きました。
ツアーというとお仕着せのイメージがありますが、このときは、思いのほか、自由だったことに気がつきました。そして、釜山の女子大生、慶州のLさんのお姉さん、俗離山のお坊さん、扶餘のハラボジ、明洞の男性と、いろんな出会いがあって、言葉ができたらもっともっとすてきな交流ができていただろうと思われました。

この20年の間に日本も変わりましたが、韓国はもっと大きく変わったように思います。一方、変わらずにあるものも多くあります。(私なんて、気持ちだけは20年前と少しも変わらない感じです。)
今年は、受験生がいて動けませんが、来年の夏にはぜひ、もっといろいろな勉強をして彼の国を訪れて、変わったものと変わらないものを自分の目で確かめ、また、多くの人と出会ってみたいと思っています。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-20 00:25 | 韓国 | Comments(4)

ソウル:景福宮のことなど/’86年夏 韓国行9

最終日、午前中はフリータイム。私たちは、南大門の見えるところで写真を撮って、地下街でお土産のショッピング。すぐ側まで行ったのにどうして南大門市場に行かなかったのでしょうか、疑問です。

午後は、李氏朝鮮朝の王宮、景福宮の見学です。南山を正面にして北岳山を背に風水を考えて理想的地勢に設計されています。

d0041400_2248948.jpg

写真は、朝鮮王朝の王が政務を取った勤政殿から撮影したもので、日帝支配の象徴「旧朝鮮総督府」の石造建築物が写っています。景福宮の、のど元を締めるように建てられていたこの石造建築物は、95年に時の金泳三大統領の決定により解体がなされました。もう今では見ることのできない、貴重な写真です。
ここの一隅で日本帝国軍により李朝の王妃閔妃の暗殺が行われました。景福宮には昨年も訪れ、時間をかけてまわったのですが、きれいな建物に見とれていただけでした。こんど行くときにはその記念碑があるというところをたずねたいと思います。

それから、86年のアジア大会と88年のオリンピックのメイン会場となるオリンピック競技場の見学をし(「シュリ」の舞台となったところ)、金浦空港にむかいました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-19 22:53 | 韓国 | Comments(2)

ソウル:明洞散策/’86年夏 韓国行8

旅行も大詰め、5日目午後に最後の訪問地ソウルに到着。ツアーの予定ではこの夜カジノが入っていたのですが、全く興味がなかったので、夫とふたりでソウルの街に出ることにしました。

当時ソウル一の繁華街明洞(명동)、江南エリアの開発はまだまだのころです。夕食に宮廷料理のお店の予約をして、それまで明洞の散策です。明洞は、人でにぎわってはいましたが、ここがソウル一の繁華街? と思うくらい道がデコボコだったり、通りもあまり明るくなかったように思います。本屋を探し以前からほしかった「韓日」・「日韓」辞書を買いました。

それから、「ソウルっ子なら知らない人はいない名所」とガイドブックにあった「明洞ギョーザ」というお店に行くことにしました。メニューはカルグクス(칼국수)一種類だけなので言葉に不安があっても大丈夫だろうと、地図を見てたずねました。「明洞ギョーザ」は、今は同じ通りにきれいな支店もできているようですが、本店のある場所でした。初めてでは勇気のいるような、少し奥まった狭い階段を上り、大衆食堂のようなつくりの店内のテーブルにつきました。アガッシが注文をとりにきたので、2つくださいと伝えたのですが、その後猛烈な速さで何かをまくし立てます。何を言っているのか聞き取れなくて、頭の中が真っ白になってしまいました。……すると、隣のテーブルにいた若い男性が、「先払いですよ」と日本語で教えてくれました。(ホッ!)
話をしてみると、日本の大学に留学していたこと、それも私たち夫婦の出た大学だったことがわかりました。同窓だとは! これから友達と飲みに行くが一緒にどうか、と誘ってくれました。

d0041400_1414466.jpgとても魅力的なお話でしたが、初めて会った人についていくのもどうかと思い、また、次の予定が決まっていたので、丁寧にお断りをしこの出会いは終わりになりました。ちょっと残念な気がしました。
カルグクスは、観光客向けの食事が続いていたので、ほっとするような味でおいしかったです。(写真は現在のもの)

宮廷料理は、ロッテホテルB1にある「鮑石亭(포석정)」というお店でした。松の実の入ったお粥から始まって、赤くも辛くもない、まさしく「大長今(대장금)」に出てくるようなお料理です。カルグクスを食べてお腹がすいていなかったので、味はあまり記憶にありません。農楽や官女の踊りを楽しみました。ここで出された法酒(법주)が気に入って、お土産に買って帰りました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-19 14:08 | Comments(2)

温陽温泉・利川・民族村/’86年夏 韓国行7

4泊目は温陽温泉(온양온천)のホテルでした。
韓国の温泉は、ホテルを含めて風呂はどこも小さいのだそうです。温陽温泉といいながら、温泉に入った記憶がないのはそのせいなのでしょう。
ここで、夜にホテルの前の通りにでてみると、リヤカーのようなものにいっぱい果物をつみ上げた屋台が並んでいました。果物は何だったでしょうか。
映画「8月のクリスマス」で、ジョンウォン(ハン・ソッキュ)とタリム(シム・ウナ)が最初で最後の遊園地でのデートの後、銭湯で汗を流して出て来たときにアジュンマからミカンを買うシーンがあります。ちょうどそのような屋台です。どれも新鮮でおいしそうだったのですが、ガイドの朴さんから、屋台では絶対買って食べてはいけないと言われていたので、残念ですがあきらめました。衛生上の心配があるという感じでした。

5日目は、利川からです。
「NHKラジオ講座2002年4月号テキスト」に利川陶芸村(이천 도예촌)の紹介文がありました。
이천 도예촌은 한국에서 가장 규모가 큰 도예촌인데요, 현재는100개 정도의 가마가 밀집해 있습니다.
利川陶芸村は韓国で最も規模が大きい陶芸村で、現在は100くらいの窯が密集しています。
이 곳에서는 지금도 유명한 도공들이 고려총자나 이조백자를 재현하기 위해서 열심히 노력하고 이죠.
ここでは、今も有名な陶工たちが高麗青磁や李朝白磁を再現するために一生懸命に努力しています。

d0041400_16173871.jpg利川は古くからやきものの里として知られているところです。解放後、伝統陶芸の復興に情熱を燃やす海剛柳根瀅氏や池順鐸氏らがこの地に窯を築き、現代陶芸の盛んな地となったということです。今は陶磁器作りの工程が一目で見られる博物館があるようですが、私が行ったときはまだそんなに整備はされていなくて、いくつかの工程と窯を見せてもらい、お土産を買って帰りました。そのときのお土産の酒器です。杯は3個しか残っていませんが、毎年お正月にはこれでお屠蘇をいただいています。桐の箱を見てみたら、池順鐸のサインがありました。

つぎに、民族村(민속촌)。
韓国各地の農家や民家、両班(양반)の住宅、役所などを再現し、李朝時代そのままの衣装の人々が仕事をしたりして生活が実演されている、観光村です。実際に鍛冶屋や薬屋があって販売したり、伝統演劇も演じられます。
昼食は、わらぶき屋根の正門を入ってすぐ左手にある韓式食堂で、石焼きビビンパでした。まだ、混ぜ合わせて食べることに抵抗があった頃で、韓国の人が目いっぱいこね合わせているのを見て、感心したものでした。今はもう、ご飯の白いところがなくなるくらい、コチュジャンをいれて混ぜ合わせて食べるのがおいしいことを知っています。
民族村は映画やテレビドラマの時代劇の撮影によく使われるそうですね。訪れたときに撮影に出会えたらうれしいでしょうね。

さて、次はいよいよソウルに入ります。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-18 16:21 | 韓国 | Comments(0)

忠清南道:公州・扶餘/’86年夏 韓国行6

次なる訪問地は百済の都だった公州(공주)と扶餘(부여)です。
百済は高句麗の攻撃にあって、広州から公州・扶餘と都を移して、ついにこの地で滅びます。
古代史で「白村江(はくすきのえ)の戦い」と出てくるのが、扶餘を流れる白馬江です。このときに多くの知識人や技術者が渡来し、日本の飛鳥文化の源となったと日本史の授業で学習しましたね。新羅の都慶州が京都だとすると、百済の都だった扶餘は奈良と、よくたとえられます。

d0041400_1884152.jpg公州では、25代の武寧王の王陵を、扶餘では定林寺の伽藍跡の石仏や五層石塔を、それから国立扶餘博物館を見ました。百済は仏教芸術の花開いた地ですが、滅びる時の破壊で遺跡として残れているものが少ないようです。

新羅と唐の連合軍にせめられ百済が滅びるときに、追い詰められた官女が3000人も絶壁から白馬江に身を投じたという落下巌(낙화암)の伝説があります。その解説を聞きながら白馬江のゆったりとした流れに目を移すと、川下りの舟が通りかかって、アジュンマたちのグループが楽しげに踊って歌っている様子が見えました。

百済の都と知らなければ、扶餘はただの田舎の町のようでした。
敷物に広げた唐辛子が住居の前の道路に無造作に並べられていました。映画「彼女を信じないでください」でヨンジュ(キム・ハヌル)がヒチョル(カン・ドンウォン)の家を尋ねて忠清道のヨンガンの駅に降りたち、人通りの無い町を歩く場面を見たときに、扶餘で見たそのままだと思いました。
また、町角で白い韓服を着たハラボジが2人将棋をしていました。写真を撮らせてほしいと言うと快く了解してくれました。一般に忠清道の人は、おっとりとした、人当たりのよい気質で知られているそうです。「彼女を信じないでください」のお話が忠清道の設定なのも、必然のことなのでしょう。

その日の宿泊は、数多い韓国の温泉の中でも親しまれているという温陽温泉でした。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-08-17 18:22 | 韓国 | Comments(0)


「いさのハングル小辞典」をリニューアル。韓国と韓国語が好きな人と交流したいと願っています。2014年4月の韓国語能力検定試験で6級合格しました(^^*)


by いさ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

ようこそ!マイブログ
韓国の言葉・学習
日々のつぶやき
本との出会い
食べ物이야기
韓国
E-映画
D-ドラマ

新聞
台湾

タグ

(107)
(86)
(49)
(44)
(42)
(41)
(33)
(32)
(29)
(29)
(25)
(24)
(24)
(22)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)

最新のコメント

◇tak さん こんにち..
by isa-syoujiten at 19:22
isa様 ご無沙汰です。..
by tak at 23:00
◇M さん こんにちは。..
by isa-syoujiten at 13:54
isa様、こんにちは。も..
by M at 12:26
◇鍵コメさま お久しぶ..
by isa-syoujiten at 18:02
◇みかさん お役に立て..
by isa-syoujiten at 10:33

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いずみのはんぐんまる日記
韓国語学習日記
あるびん・いむのピリ日記
旧・EVERGREEN ...
春風 吹いたら ~韓国語...
覚えたい韓国語
テクテクフォト
思いっきりHighkick
ありのままに、わがままに行こう
シアワセノカケラ
カジャ*カジャ**韓国!!
なんとなく韓流     ...
キルトで9条
まい ふぇいばりっと ...
お茶にしよ~っと。
韓国ときど記
喫 茶 素 描
空とぶっちゃの日々
めざめ日記
Nothing is u...
つれづれなるまにまに
マサモトママの日々の出来事
朝風がさわさわ
kdw231's world.
アルムダウン セサンが ...
幸せごっこ
韓国語って面白い
だいじょうぶ できる!で...
koe&Kyo 日々燦々
私的韓国語メモ
ぶん屋の抽斗
It's our tim...

リンク

最新のトラックバック

落ち込んだ時に励ましてく..
from 雪月花
秋の終わりの山梨へ (写..
from わたしの青い☆そら☆
ことわざ 속담
from 韓国語って面白い

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
韓流スター・ドラマ

画像一覧