<   2005年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

죄송합니다と잘못했어요

“죄송합니다”와 “잘못했어요”는 어떻게 달라요?
아시는 분이 계시면 가르쳐 주세요.
“죄송합니다”と“잘못했어요”はどう違いますか。
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

謝罪の時に言う言葉として他に“미안합니다”がありますが、“죄송합니다”と “미안합니다”は使い方にあまり違いがないのに比べ、“잘못했어요”は違うようなのです。

『頑張れ、クムスン(굳세어라 금순아)』132回(KNTV11月25日放送)のことです。
d0041400_1302761.jpg

子がありながら離婚をした女(キム・ソヒョン:写真右)とそのことを親に知らせないまま結婚した長男は、それを知った母親(キム・ジャオク:同左)の前にひざまずきます。そして長男は「잘못했어요,엄마」と、嫁は「죄송합니다,어머님」と謝罪をします。
子持ちの離婚女なのに堂々と嫁になったことが許せない母は、自慢の息子であったがために余計に失望して、2人につらく当たります。2人の謝罪の言葉を聞いて、嫁に「“죄송하다”とは言うけれど“잘못했다”とは言わないのだな」と詰め寄ります。
この場面を見て、2つの言葉は決定的に何かが違うのだと感じました。

訳としては、죄송합니다は「申し訳ございません」で、잘못했어요は「悪うございました」という感じでしょうか。日本語の語感ではどちらでも良いように思いますが、韓国語では使い分けが必要な言葉のようです。

『頑張れ、クムスン』はこの後、長男夫婦が、前夫が育てていた子どもを引き取って育てるかどうかで、波乱は続きます。母親が「離婚しなさい」と言う場面を放送した時は、30を過ぎた子に対する親の度が外れた干渉をめぐって、ネット上で視聴者の反響が大きかったそうです。血続を重んじる社会通念の問題も絡んで、韓国の今が伺えるドラマです。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-28 13:17 | 韓国の言葉・学習 | Comments(13)

ラジオ講座12月号『…ing』雑感

NHKラジオ講座12月の応用編では『…ing(日本題「アメノナカノ青空」)』を取り上げることをシフォンさんに教えていただいて、早速入手しました。映画のセリフを使って、今使われている言葉を学ぶという趣旨で、毎月違った作品を取り上げ、12月は『…ing』と『マラソン』です。一読して、韓国語の言葉遣いについて気がついたことがあります。
d0041400_16104719.jpg

【第17課12/2放送分】
担任の先生が転校して間もないミナ(イム・スジョン)を職員室に呼び出し、学校生活について尋ねているシーン
담임 선생님:수업은 어때? 따라갈 만해?
担任の先生:授業はどう? ついていけそう?
민아:네.
ミナ:はい。
담임 선생님:중간에 들어와서 애들이랑 어울리는 게 쉽지 않을 거야.
担任の先生:途中から入ってきて、友達とつきあうのが大変でしょう。
   그래도 시간이 지나면 다들 편하게 대할테니까 너무 신경 쓰지 말고.
   でも、時間がたてばみんな普通に接してくれるようになるから、あまり気にしないで。

このテキストの訳をみると担任は女の先生のようにみえますが、映画では男の人なのです。ですから、もちろん映画の字幕では男言葉で訳されるでしょうが、言葉としてみたときには、男女どちらでも同じように言うということなのですね。

以前に取り上げたように「내 정신 좀 봐」が「あら、わたしったら」「あれ、何やってんだ、おれ」というように、日本語では男女の言い回しが違うところを、韓国語では同じだということもありました。男女の言葉遣いについて、細かく見ていけば別なのかもしれませんが、映画やドラマで見る限りにおいて、あまり違わないということがあります。
年齢や続き柄・役職・役割の上下、親密さの濃淡などによって敬語表現が細かく言い分けがなされるのに比べ、男女での言い回しが違わないというところに興味を覚えます。どんなに上流家庭のしとやかなお嬢様でも、一般的にぞんざいな言葉といわれるパンマルをしっかり使っています。むしろ、使うべきときに使わないのは変なのだそうですね。
ただ、儒教の教えで社会が作られてきた韓国で、夫婦別姓が男女同権を意味しないように、同じ言葉遣いがまた、女性の権利を尊重しているわけではないということもありそうです。

今日の朝刊に、"『アメノナカノ青空』12月10日からロードショー"という広告が載っていました。もうすぐです。楽しみ♪
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-26 16:30 | 日々のつぶやき | Comments(9)

出会った女性たち③/秋の韓国2004(11)

◆ソウルでは、ソウル市の委託を受けて事業を行なっている女性のグループに会いました。

ソウル市は上水道の水源の環境保護のために、その地では農薬を使うことを禁止したそうです。そこでできた農産物は無農薬有機栽培で、そのため虫くいの後があったりして、一般の市場とは違った販売方法が必要となります。そこでソウル市が支援をしてお店(매장))を作り、彼女たちが運営を担っているというわけです。小さな店内に、確かに見た目は良くないけれど新鮮な野菜や、製造方法にこだわった食品やせっけんなどが所狭しと並べられていました。訪問した私たちは、たちまちお土産のお買い物タイムに突入してしまいました。

お店の運営だけでなく、女性に関するさまざまな問題(例えば、過度なダイエットはやめようとか、女性の権利を規制する戸主制の廃止などなど)を自分たちの手で解決すべく活動している人たちです。志を同じくする仲間を増やす工夫に、30人分の大ビビンパップを作ったイベントのことなどを語ってくれました。

◆最後に、このツアーの間中、私たちと行動をともにして何かとお世話をしてくれた、通訳の차さん。一年間日本に留学をしていたという20代前半のかわいらしいお嬢さんです。通訳をしていて、分からない言葉が出てくると適当に丸めてとばしてしまうなどお茶目!

「ソウル女性プラザ」の映像コーナーで、イム・グウォンテク監督の「風の丘を越えて(西便制)」を放映していて、そのことをきっかけに映画の話で大盛り上がり。そして、カン・ドンウォンが! ヒョンビンが! と語る2人を同行の人たちは怪訝そうに見ていたのでした。

日本に留学していた時が楽しかったとのことで、ぜひまた勉強に来たいといっていました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-25 18:56 | 韓国 | Comments(0)

出会った女性たち②/秋の韓国2004 (10)

韓国では大学入学試験が行なわれて、昨年の大規模な携帯電話を使ったカンニング事件の後ということで、その対策の様子などが今朝のNHKのニュースでも放送されていました。そこには過度な学歴偏重の社会が浮かび上がってきます。

城南市のプンダン(분당)では、教育が競争を前提とし商品化されている現実を何とかしなければと、自分たちで幼稚園を作ったり、小学生の放課後の学ぶ場を作ったお母さんたちに会いました。
幼稚園は、仲間のうちの資格を持つ人を先生に、親と先生が話し合ってカリキュラムを組み、心も体も健康で豊かに生きる力をつけることを目的としているといいます。先生2人に園児15人で、親が先生の向上のための研修の費用も出すなど、安くない幼稚園料にもかかわらず希望者は順番待ちの状態だそうです。
小学生の放課後は母親たちがプログラムを作り、運営もしています。伝統的な遊び、食育、自然の中での体験、地域の歴史など、国のすすめる教育では育たない、人が生きていく力と、人と人がともに共同体の中で生きていくことの大切さを身につけることを目指しているといいます。

昼食をともにしながら、学校での詰め込み教育の弊害や、不登校が増えていることなどが話題になりました。小学生の間はこのように手作りの学ぶ場を用意してあげられるけれど、中学生以上になったら現実に巻き込まれざるを得ないと心配げでもありました。しかし、今のうちにしっかり基礎を作ってあげれば、きっと良い方向に行くだろうと希望も語ってくれました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-24 12:47 | 韓国 | Comments(4)

出会った女性たち①/秋の韓国2004 (9)

今回の滞韓中、ドラマや映画に出てくる人たちとは違う、その地に生活をするいろいろな人たちに会うことが出来ました。私が出会い、親しく言葉を交わした女性たちをご紹介します。

◆ホームステイでお世話になったお宅の奥さんは、50代後半。2男1女のお母さんです。長男・長女はすでに結婚をして独立していて、次男と夫と夫の母の4人で暮らしています。子どもが3人とも良い大学を出たことが自慢な様子でした。家族を大切に思うのが当然のことのように日本の私たちの留守家族についても、家族はどうしているか、食事はどうしているか、ぜひ電話をするようにと、とても気遣ってくれました。そして、日本の女性は外で仕事をする人が多いのかと聞かれたりして、専業主婦であることが当然という生き方をしてきた人の関心ありようが感じ取れました。

韓国に出かける前の勉強会で、韓国は年長者を大事にするから伺ったお宅ではまずお年寄りにご挨拶をし、何ごとも優先するようにと注意がありました。こちらのお宅のハルモニはほとんど寝たきり状態のようで、私たちがご挨拶をしようとしても、話題にしようとしても、奥さんはあまり良い顔をされませんでした。現実的にはいろいろと難しい問題があるのでしょう。
私たちがおやすみののご挨拶をして、素敵な布団に入ってから遅くまでおしゃべりをしていると、階下の台所から何かを下ごしらえしている物音と強烈なにんにくの匂いがしていました。

帰り際に記念の写真を撮ろうとすると、きちんと上着をはおり、手を握り肩を寄せ合ってポーズをとってくれました。小柄だけれども懐が大きく温かい、まさしく「オモニ」という感じで、たった一晩だけだったのに、とても親しくなれた気がしました。

◆「ソウル女性プラザ」で、私たちを案内してくださったのは、交流支援部長という役職の박さん。40代前半といったところでしょうか、キリッとスーツを着こなしスカーフを首に巻いて、パンプスの靴音をさせながら歩く颯爽とした方でした。
박さんは日本語はできないのですが英語が堪能で、通訳の人が言いよどむと英語で説明をしてくれました。(私には理解ができなかったのですが、同行の人が受け答えをしていました。) 私たちに全館案内をしてくれる間も微笑をたやさず、本当の意味でできる人とはこのように余裕がある雰囲気が漂っているのだなと感じられました。

2Fの「女性史展示館(여성사 전시관)」に、韓国の近現代を代表する女性の生き方やその仕事をパネルにして、展示してあるコーナーがありました。たくさん展示されてある中で、大学の先生か作家だったかと思いますが「강 명자」という人のパネルに、「배워야 한다. 묵히지말고 써야 한다.(学ばなければならない。ねむらせず、書かなければならない)」と言う言葉がありました。「持てる能力を放置せず、ねむらせず、学びそして発揮せよ」と受け取れて、日韓を問わず、学ぶことの自由でなかった時代の長かった女性の、先達の言葉として心に残りました。

これをメモしていると박さんが側に来て、わかるのかと聞いてきました。私が読むとにっこりとしてくれたのを今も覚えています。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-23 17:48 | 韓国 | Comments(0)

また、楽しく勉強をいたしましょう

11月に入ってずうっと詰まっていた仕事が、今日で一段落しました。検定に向けて緊張した日を送っていたこともあり、本当に余裕のない毎日でしたが、やっと人心地がついた感じです。ハングル検定に際しては、気にかけてのぞきに来てくださったり、温かいコメントを残していってくださったりと、ブログを通して出会えた沢山の方々に感謝しています。

受験をされた皆さんは結果が出るまで落ち着かないかも知れませんが、それも楽しいことでしょう。私も皆さんの結果報告を楽しみにしています。

겨우, 브로그의 갱신을 할 시간이 생겨서 기뻐요. 그리고, 다시 침착하게 공부를 시작하려고 생각해요.
다시, 즐겁게 공부를 합시다!
やっと、ブログの更新をする時間ができてうれしいです。そして、ふたたび落ち着いて勉強をはじめようと思います。
また、楽しく勉強をいたしましょう!

*~려고 해다で「~しようと思う」なので“생각”はなくても良いかと、消します。 (2005/11/23) 
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-22 17:04 | 日々のつぶやき | Comments(4)

ハングル検定受験の皆さん、頑張って!

いよいよ、明日はハングル検定の日ですね。
受験をされる皆さんには、持てるものをしっかり出し切れて、納得のいく結果を得られますようお祈りしています。

私は、受験を出来ないことになってしまいました。11月に入ってから、過去問題集に集中して取り組み、今まで頭に入ってこなかった単語もすうっと覚えられるという感覚も実感でき、これが検定を受け醍醐味かと思えるまでになりました。受験票に署名をしたり、写真を貼ったりしながら、久しく感じなかったわくわくする感じも味わえました。
でも、長く生きていますと(かろうじて40代ですが)、自分のことよりも優先しなければならないことも多くなってきます。少々残念ではありますが、いままで楽しい時間を持てたということで、十分だということにしようと思います。

受験される皆さ~ん! 頑張ってください。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-19 12:03 | 日々のつぶやき | Comments(11)

おいしいものいろいろベスト3/秋の韓国2004 (8)

お待たせしました。おいしいものベスト3です。

まず、第3位は:
水原(수원)のカルビです。会食(宴会)形式の食事が何度かあったのですが、そのうちで一番が最初の夜の水原名物「カルビ」。市内の東の方にある「三父子カルビ」というお店でした。近辺にたくさん同じようなお店があって、その中から地元の人が選んだのだから、美味しいはずです。炭火焼きのカルビのほか、韓定食のおなじみのが品々が勢ぞろい。おかわり自由を遠慮無くしてしこたま食べて、最後に冷麺まで、お腹がいっぱい!! になりました。

つぎに、第2位は:
果川(과천)市のビビンパ (비빔밥)。ソウルの南、車で一時間くらいの所にあります。大皿に出された色とりどりの具を各自、麦飯にのせて、コチュジャンとともにかき混ぜに混ぜてその渾然一体となった味を楽しみました。2・3人にひとつずつ出されたテンジャンチゲも、すっかり韓国人になった気分で、みんなで平気で匙(숟가락)を差し入れて食べていました。何種類もある葉っぱをお代わりをして食べて、体の中から(体の中だけ?)、きれいになったようでした。
ソウルに住んでいる友人もこのお店は知っていたので、きっと有名なのでしょう。

ジャジャジャジャ~ン♪ 第1位は:
d0041400_0263965.jpg

城南(성남)市にある「豆郷」という大豆料理専門店。城南市もソウルから南へ車で一時間くらいの所。そのプンダン(분당)というところは石畳の道路にレンガ造りの素敵な家がつづく雰囲気のある街でした。聞くところによると芸能人やスポーツ選手が住む高級住宅街なのだそうです。そこで出された純豆腐 (순두부)もチヂミもキムチも赤飯も、どれもおなじみのメニューなのですが上品な味で、今回のメンバー全員の絶大な支持を得ました。味を知っているからこそ、違いがわかるということがあるかもしれません。

書いてみたらどれもソウルでなかったことに気がつきました。ソウルに行く人は多いと思いますが、少し足を伸ばしてみると、また違ったものに出会えたりして、面白いかもしれませんね。機会があったらお出かけください。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-16 00:28 | 韓国 | Comments(10)

おいしいものいろいろ/秋の韓国2004 (7)

この時期仕事が忙しく、家にお持ち帰りでしなければならないことも多く、ブログの更新もままならない状態です。お見捨てなく遊びに来てください。
(ハングル検定直前だというのにまったく!)

さて、4泊5日計13食、韓国の食事を堪能してきました。
ホームステイしたお宅では朝食に、よく語学のテキストに載っているような밥,반찬,국の家庭料理。밥は白米では無くて雑穀や豆のはいったもの、반찬はキムチが数種類に干物の焼いたもの、국はわかめのスープ、과일はトマトと見間違うような熟柿、お手製の식혜(甘酒)などでした。

ドラマで見ててぜひ食べてみたかったジャジャン麺もビビン冷麺も食べられてよかったです。
お茶もなつめ茶、どんぐりのお茶、5つの味がするというオミジャ茶などなど。

次回予告:おいしいものいろいろの中からベスト3を発表します。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-12 13:29 | 韓国 | Comments(2)

西大門独立公園/秋の韓国2004 (6)

2004年秋のソウル、空はあくまでも高く青かった。西大門独立公園(서대문 독립 공원)では、紅葉した木々の間を、ウィークデイの午前だというのにたくさんの人々がジョギングをしていた。

ここに、今は歴史館として見学することができるようになっている、西大門刑務所がある。
d0041400_239479.jpg

リタイアをしたキムさんというガイドボランティアの方の案内で回った。外の明るさとは打って変わって、中の空気はひんやりと沈んでいた。
日本の網走刑務所をモデルに作られた、受刑者を効率よく管理できる設計になっているとのことだ。蝋人形と音声で拷問を再現した部屋では耳を閉じ目を背けたくなる。実際に拷問に使われた小部屋に入ってみることが出来るようになっていて、そのむごさを想像してみる。処刑所も見学し、17歳の柳寛順(유관순)をはじめ、多くの命がむごたらしく奪われたことを思うと、言葉も見つからない。
柳寛順は、1919年の日本からの独立を求めた三・一万歳運動の主導者として、小学校の教科書にも載っている、韓国の人なら誰でも知っている抵抗運動の象徴的な人だ。韓国に関心のある人なら、安重根(안중근)とともに知っていたい。

ここは小学生の学習コースにもなっているという。未来志向の関係を作り上げるにもある程度の共通認識が必要だと思うが、彼我の違いをみるにつけ、知ろうとする誠意は大切だと感じることである。

外に出ると、暖かな日差しの中、カササギ(까치)があちらこちらで飛びかって、ゆったりとした時間が流れていた。
[PR]
by isa-syoujiten | 2005-11-09 23:13 | 韓国 | Comments(0)


「いさのハングル小辞典」をリニューアル。韓国と韓国語が好きな人と交流したいと願っています。2014年4月の韓国語能力検定試験で6級合格しました(^^*)


by いさ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ようこそ!マイブログ
韓国の言葉・学習
日々のつぶやき
本との出会い
食べ物이야기
韓国
E-映画
D-ドラマ

新聞
台湾

タグ

(107)
(87)
(49)
(44)
(42)
(41)
(33)
(32)
(29)
(29)
(25)
(24)
(24)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)

最新のコメント

◇Mさん こんにちは。..
by isa-syoujiten at 19:08
いささん、こんにちは。 ..
by M at 15:08
◇鍵コメさま 10年も..
by isa-syoujiten at 14:20
◇鍵コメさま 私も残念..
by isa-syoujiten at 18:15
◇takさん 「ヨンシ..
by isa-syoujiten at 21:17
今日、「ヨンシル」が終わ..
by tak at 21:38

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いずみのはんぐんまる日記
韓国語学習日記
あるびん・いむのピリ日記
旧・EVERGREEN ...
春風 吹いたら ~韓国語...
覚えたい韓国語
テクテクフォト
思いっきりHighkick
ありのままに、わがままに行こう
シアワセノカケラ
カジャ*カジャ**韓国!!
なんとなく韓流     ...
キルトで9条
まい ふぇいばりっと ...
お茶にしよ~っと。
韓国ときど記
喫 茶 素 描
空とぶっちゃの日々
めざめ日記
Nothing is u...
つれづれなるまにまに
マサモトママの日々の出来事
朝風がさわさわ
kdw231's world.
アルムダウン セサンが ...
幸せごっこ
韓国語って面白い
だいじょうぶ できる!で...
koe&Kyo 日々燦々
私的韓国語メモ
ぶん屋の抽斗
It's our tim...

リンク

最新のトラックバック

落ち込んだ時に励ましてく..
from 雪月花
秋の終わりの山梨へ (写..
from わたしの青い☆そら☆
ことわざ 속담
from 韓国語って面白い

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
韓流スター・ドラマ

画像一覧