<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「新しい道」

 새로운 길  -윤동주-
 新しい道   -ユン・ドンジュ-

내를 건너서 숲으로
고개를 넘어서 마을로d0041400_2044417.jpg
小川を渡り森へ
峠を越えて村へ


어제도 가고 오늘도 갈
나의 길 새로운 길
昨日も行き 今日も行く
僕の道 新しい道


민들레가 피고 까치가 날고
아가씨가 지나고 바람이 일고
タンポポが咲き カササギが飛び
娘さんが通り過ぎ 風が吹き


나의 길은 언제나 새로운 길
오늘도......내일도......
僕の道はいつも新しい道
今日も......明日も......


내를 건너서 숲으로
고개를 넘어서 마을로
小川を渡り森へ
峠を越えて村へ

韓国人が最も好きな名詩100選』から―
春の息吹、若々しい力を感じさせる詩です。ユン・ドンジュは、たやすい言葉で何と広がりのある世界を表現し得ているのでしょう。
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-30 20:56 | 韓国の言葉・学習 | Comments(4)

音楽として聞こえるようになってきた

우리 딸이 만든 우클렐레를 집에서 자주 치고 있다.
처음에는 그냥 시끄러웠다.
그러나 인터넷으로 악보를 찾아와서
매일 한 시간이나 치고 있는 동안에
점점 음악으로 들을 만하게 되었다.

d0041400_094243.jpg

娘が作ったウクレレを家でしょっちゅう弾いている。
初めはただうるさかった。
しかし、インターネットで楽譜を探してきて
毎日1時間ほど弾いているうちに
だんだん音楽として聞こえるようになってきた。

◆◆◆ウクレレ用の四弦の楽譜があるということを始めて知りました。◆◆◆


-(으)ㄹ 만하다
動詞に付き、「動作や状態がその程度に至る」か、あるいは「それだけの価値がある」ことを表す。

쓸 만한 것은 버리지 마라요.
使えるものは捨てないでください。
그 식당 음식이 먹을 만하더군요.
その食堂は結構いけましたよ。
그는 믿을 만한 사람이 못 됩니다.
彼は信じるにたる人ではありません。
요즘 서점에는 읽을 만한 책이 많아졌다.
最近本屋には読むに値する本が増えた。
그가 있을 만한 곳은 다 찾아 보았지만 보이지 않아요.
彼の行きそうな所は全部捜したけれど、見当たりません。
     (―『韓国語文法辞典』―)

[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-27 00:34 | 日々のつぶやき | Comments(6)

食べ物は人に対する心/「チャングム」

「宮廷女官チャングムの誓い(대장금)」第4話から―

ハン尚宮の指導を受けることになったチャングム。ハン尚宮はチャングムに水を持ってくるよう言い付ける。何度もやり直しを命じるハン尚宮の真意がわからず、戸惑うチャングに語った理由は・・・

d0041400_20533052.jpg


그래. 바로 꼬치꼬치 묻는 것, 그게 내가 너에게 물을 떠오라 한 뜻이다.
そうだ。まさにいちいち聞くこと、それがお前に水を汲んで来いと言ったわけだ。

음식을 하기 전 먹을 사람의 몸 상태와 좋아하는 것, 싫어하는 것, 받는 것과 받지 않는 것 그 모든 것을 생각하는 것, 그게 음식을 짓는 마음임을 얘기하고 싶었다. 허나 너는 어머니를 통해 이미 알고 있었구나.
食べ物を作る前、食べる人の身体の状態と好きなもの、嫌いなもの、食べていいものとだめなもの、それらみなを考えること、それが食べ物を作る心であることを話したかった。しかしお前はお母さんを通して既に分かっていたのだね。

너의 어머니는 참으로 휼륭한 분이시다. 어머니께서는 ‘물도 그릇에 담기면 음식’인 것을 알고 계신 분이다. 또 그것이 음식이 되는 순간엔 먹는 사람에 대한 배려가 제일임을, ‘음식은 사람에 대한 마음’임을 알고 계신 분이었구나.
お前のお母さんは本当に立派な方でいらっしゃる。お母さんは「水も器に入れたら食べ物」だということをご存じでいらした方だ。また、それが食べ物になる瞬間には食べる人にたいする配慮が第一であることを、「食べ物は人に対する心」であることを、ご存知でいらした方だったのだなあ。

ハン尚宮の言葉から、大人が子どもに語る言葉遣いがよくわかります。また、この下称表現(非丁寧体)は書き言葉と間接話法の基本となるので、しっかりマスターをしたいですね。
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-25 21:52 | D-ドラマ | Comments(12)

「貧しい愛の歌」の作者申庚林

가난한 사랑 노래(貧しい愛の歌)」について調べているうちに、作者申庚林(신경림,シン・ギョンリム)の名を、実は私は以前にも目にしていたことがわかりました。地元の公立図書館に茨木のり子訳編の『韓国現代詩選』があります。茨木のり子さんが自身の感性で選んだ、1980年代の12人の詩集から62篇の詩が翻訳されています。

d0041400_14331816.jpg

今までに何度か借りていましたが、「가난한 사랑 노래(貧しい愛の歌)」を知ってから初めて、この本をの中に、「申庚林」の名があることに目が留まったのでした。何度も見ていたはずなのに、主体的に見ることをしないとものごとは見えてこないと改めて感じました。

この本の中で茨木のり子さんは、申庚林氏の第3詩集『月を越えよう (달넘세)』(1985)から5篇を取り上げ、次のように詩人を紹介しています。

 申庚林

1935年、忠清北道 忠州出身
東国大学・英文科卒。

1973年刊の第一詩集の題名が『農舞』であったことが象徴するように、農村や地方をじっと見据えている人である。

実際、韓国にいってみると、ソウルと地方とのあまりの落差にしばしば驚かされる。ソウルの人たちはどうも地方へは行きたがらないように見えるし、また外国からの旅行者も韓国の真髄は地方に在ると思いつつも、さまざまな不便さによって、一日も早くソウルへ戻ろう戻ろうとする。

申庚林の出生地は、漢江の上流、南漢江のほとりで、このあたりの風景は呆然とするほど美しい。だがそこで暮している人々は、ダムができたり、水系が変わったりで生きにくい生活を強いられていることがその詩を読むとよくわかる。社会保障や福祉も十分ではないらしく身体障害者もたくさん登場するし、旅すれば現実にそういう人たちに多く出会うのである。

 (中略)

実体の確かな把握、抑制のきいた描写、それらはかえって強く伝達されるという、表現の秘密をよく知っている人のようだ。

語彙の豊富さ。デッサン力の確かさ。読者はその場に共に居合わせたように、さまざまに感じさせられ、考えさせられるのだ。

『韓国現代詩選』は1990年刊、もう15年以上も前のことになります。この間韓国の社会のありようも大きく変わり、申庚林氏も更に活躍をされています。しかし、茨木のり子さんが詩人の感性で感じ取り表現したところのものは全く色褪せていないと思います。

ここでいう、「実体の確かな把握、抑制のきいた描写。語彙の豊富さ。デッサン力の確かさ。」は「가난한 사랑 노래(貧しい愛の歌)」を読んだ時に私が感じたことを、的確に表現してくれているとうれしくなりました。

『韓国現代詩選』に取り上げられている詩人12人について調べてみると、茨木のり子さんの解説がとても参考になりました。韓国の詩人について、一挙に視野が広がった感じです。これから、この本をたよりに詩を読んでいく楽しみができました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-23 15:17 | 本との出会い | Comments(4)

「春のワルツ」

「春のワルツ(봄의 왈츠)」を検索してみたら、このようなサイトに行き当たりました。
はんぐ~る
韓国語マスターへの道。何でも「はんぐ~る」

管理人は韓国語歴16年の方。全20話の脚本が丁寧に翻訳されているほか、鑑賞に役立つポイントも整理されていいます。NHKでカットされている部分も訳されているようです。

私は見落とした4話を読んで復習を済ませ、そして、見る楽しみが減ってしまうので止めた方がいいのですが、誘惑に勝てず、最終回を読んでしまいました。

d0041400_15333472.jpg


これからまだまだジェットコースターに乗ったような展開がありますが、最終的にはハッピーエンドになるので、安心して(?)見られそうです。ユン・ソクホ監督の今までの「秋」やら「冬」にあったような台詞や設定もたくさん出てきて、それはそれで楽しめそうです。(「夏」は見ていません。)

若い溌剌とした出演陣で、葛藤はあっても嫌味が無い。なんと言っても映像がきれい! あと6回、楽しみです。
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-21 16:01 | D-ドラマ | Comments(2)

菜の花

NHKの「春のワルツ(봄의 왈츠)」を楽しみに見ています。
韓国ドラマの吹き替えをしたのは違和感があって見ようと思わなかったのですが、「春のワルツ」は韓国語版を見ていないので、あまり気にならずに見ているうちに楽しみになりました。いよいよ終盤に向けて、ドラマは目が離せなくなりましたね。いつか韓国語で見てみたいです。

d0041400_0372266.jpg

それにしても、昨日のチョンサン(青山)島のシーンの美しかったこと。
麦畑(보리밭)も丘一面の菜の花(유채꽃)も。。。

それと関連ありや無しや・・・
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-20 00:16 | D-ドラマ | Comments(4)

『韓国人が最も好きな名詩100選』

今日、神保町にある韓国書籍の専門店「三中堂」にふらりと寄ったところ、出会った本です。

d0041400_2171392.jpg

"한국인이 가장 좋아하는 명시 100선"
『韓国人が最も好きな名詩100選』


韓国での定価6,800원のところ1,460円。高いのか安いのかはわかりませんが、ページをめくってみて気に入った本を入手できたのはうれしいことです。中には「가난한 사랑 노래(貧しい愛の歌)」もあり、今までこのブロクで取り上げたキム・ソウォルやユン・ドンジュ、ト・ゾォンファンの詩も入っていました。韓国の人が認める代表的な詩に、この一冊で出会えるのはうれしいです。

ところで、私が見たことがある韓国の詩集は、みな夢見るような可愛らしすぎる作りなのが面白いです。この本も全頁、可愛らしい花の絵が散りばめられています。日本の本でこのようなのを見ないので、詩集を読むときくらいは楽しい気分になれていいかも知れません。
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-18 22:16 | 本との出会い | Comments(4)

「貧しい愛の歌」

韓国の高校で第2外国語で日本語を学んでいるという李智勳さんが、コメントを寄せてくれました。その日本語が配慮の行き届いたしっかりとした文でとても感心しました。そして、李智勳さんが気に入っているという詩を教えてくれました。いつも学校の文学の先生が授業で詩を紹介してくれるのだそうです。
李智勳씨, 좋은 시를 소개해 주셔서 고마워요.
저는 이 시를 아주 마음에 들었어요. 또 가르쳐 주세요.
신경림(申庚林/シン・ギョンリム)の「가난한 사랑 노래(貧しい愛の歌)」です。



2015年1月にこの詩の解説を聞く機会がありました。
そうしたら、いろいろ間違いがあることがわかりました。
ここで訂正をしておきたいと思います。
(改めてこちらをご覧ください。)


  가난한 사랑 노래 - 신경림

    -이웃의 한 젊은이를 위하여 –
     -隣りのある若者のために –


가난하다고 해서 외로움을 모르겠는가
너와 헤어져 돌아오는
눈 쌓인 골목길에 새파랗게 달빛이 쏟아지는데.
貧しいからといって寂しさがわからないか
君と別れて帰る
雪の積もった路地に真っ青な月明かりがこぼれているというのに


가난하다고 해서 두려움이 없겠는가
두 점을 치는 소리
방범대원의 호각소리 메밀묵 사려 소리에
눈을 뜨면 멀리 육중한 기계 굴러가는 소리.
貧しいからといって恐れが無いというのか
2時を打つ音
防犯隊員の呼び子の音 ムク*をつくる音に  
目を開くと 遠く大きな機械が転がっていく


가난하다고 해서 그리움을 버렸겠는가
어머님 보고 싶소 수없이 뇌어보지만
집 뒤 감나무에 까치밥으로 하나 남았을
새빨간 감 바람소리도 그려보지만.
貧しいからと言って懐かしさを捨ててしまったか
お母さん会いたい きりなくくどくどと繰り返してみるけれど
家の後ろの柿の木にカササギのために一つ残した
真っ赤な柿 風の音も思い描いてみるけれど


가난하다고 해서 사랑을 모르겠는가
내 볼에 와 닿던 네 입술의 뜨거움
사랑한다고 사랑한다고 속삭이던 네 숨결
돌아서는 내 등뒤에 터지던 네 울음.
貧しいからと言って愛を知らないというのか
俺の頬に近付いて来て触れた君の唇の熱さ
愛している 愛しているとささやいていたお前の息遣い
背を向ける俺の背中に 君のわっと泣く声


가난하다고 해서 왜 모르겠는가.
가난하기 때문에 이것들을
이 모든 것들을 버려야 한다는 것을.
貧しいからといって何故わからないか
貧しさのためにこれらを
これら全てを捨てなければならないというのに


*そば粉をゼリー状に煮詰めた食べ物

貧しいが故に切実に求めるのに、貧しいが故にすべてのものをあきらめ無ければならない現実―故郷を離れた都会で、労働者として厳しい生活をおくる若者にむけた温かい眼差しと社会に対する憤りが詠われています。そのテーマに共感するとともに、まるでドラマのように1970~80年代の若者の姿がくっきりと浮かび上がってくる表現も素晴らしいと思いました。

この詩を知って詩人申庚林について調べているうちに、実は以前にも目にしていたことがわかりました。(つづく)
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-17 21:58 | 韓国の言葉・学習 | Comments(4)

デイジー

もう、お屠蘇の気分でもないので、スキンを「デイジー」に変えました。

「デイジー」・・・日本名は「雛菊」、春になると咲き始めます。そして「春の季語」。
春を待つ気持ちを楽しみたいです。
韓国語では、英語そのままに「데이지」です。


d0041400_12512441.jpg
―映画『デイジー』より―

데이지의 꽃말・・・ '숨겨진 사랑'
デージの花言葉・・・ '隠された愛'

[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-15 12:11 | 日々のつぶやき | Comments(4)

早く春が来るといいのに…


이건 우리 딸이 학교에서 만든 우클레레예요.
요즘 집에서 자주 쳐서 너무 시끄러워요.
시험 공부 때의 기분 전환인가 봐요.
입학 시험 빨리 끝났으면 좋겠는데…
봄이 빨리 왔으면 좋겠는데…

d0041400_00237.jpg


《日本語》
[PR]
by isa-syoujiten | 2007-01-13 00:03 | 日々のつぶやき | Comments(8)


「いさのハングル小辞典」をリニューアル。韓国と韓国語が好きな人と交流したいと願っています。2014年4月の韓国語能力検定試験で6級合格しました(^^*)


by いさ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

ようこそ!マイブログ
韓国の言葉・学習
日々のつぶやき
本との出会い
食べ物이야기
韓国
E-映画
D-ドラマ

新聞
台湾

タグ

(107)
(87)
(49)
(44)
(42)
(41)
(33)
(32)
(29)
(29)
(25)
(24)
(24)
(22)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)

最新のコメント

◇ 観音寺さん  お久..
by isa-syoujiten at 17:51
いさヌナこんにちは? ..
by 観音寺 at 15:36
◇ shinn-lily..
by isa-syoujiten at 12:31
ここに行ってみたいなとず..
by shinn-lily at 08:24
◇M さん こんにちは♪..
by isa-syoujiten at 16:22
1998年の作品なんです..
by M at 00:39

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いずみのはんぐんまる日記
韓国語学習日記
あるびん・いむのピリ日記
旧・EVERGREEN ...
春風 吹いたら ~韓国語...
覚えたい韓国語
テクテクフォト
思いっきりHighkick
ありのままに、わがままに行こう
シアワセノカケラ
カジャ*カジャ**韓国!!
なんとなく韓流     ...
キルトで9条
まい ふぇいばりっと ...
お茶にしよ~っと。
韓国ときど記
喫 茶 素 描
空とぶっちゃの日々
めざめ日記
Nothing is u...
つれづれなるまにまに
マサモトママの日々の出来事
朝風がさわさわ
kdw231's world.
アルムダウン セサンが ...
幸せごっこ
韓国語って面白い
だいじょうぶ できる!で...
koe&Kyo 日々燦々
私的韓国語メモ
ぶん屋の抽斗
It's our tim...

リンク

最新のトラックバック

落ち込んだ時に励ましてく..
from 雪月花
秋の終わりの山梨へ (写..
from わたしの青い☆そら☆
ことわざ 속담
from 韓国語って面白い

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
韓流スター・ドラマ

画像一覧