<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小さな汽車の旅 /'08夏の韓国

カンヌン(강릉)の二日目は、雨でした。前日はの写真で見ていただいたように、抜けるような真夏の青空だったのに夜から雨が降り出してしまいました。

予定していたソクチョ(束草・속초)への遠出はやめにして、カンヌン駅から「むぐんふぁ号」で一駅のチョンドンジン(正東津・정동진)へ行ってみることにしました。

d0041400_22444054.jpg


カンヌン駅には、コインロッカーがありました。旅行者にはうれしいです。去年行ったミリャン駅にはなくて、駅員さんのお世話になったりしましたから・・・。駅前の広場にドラマ「春の日」の看板があって、ずいぶん前のものなのに今だになぜ? と思ってよく見てみたら、カンヌン駅が舞台になっていたからでした。

d0041400_2244574.jpg


車窓から~です。景色をぼんやり眺められるのは汽車の旅の楽しみですね。

d0041400_22453151.jpg


目的のチョンドンジンに着くと、雨脚が強くなったので、駅前のお店でコピ(커피)を飲みながら雨宿り。ちょうど駅のホームが見えるところで、若い恋人たちが二組それぞれ熱く抱擁している図が見えました。失礼とは思いましたが、一枚パチリ(〃▽〃)

d0041400_22451314.jpg


チョンドンジンはキョンボックン(景福宮・경복궁)の「正に東(の方角)にある津」というところから名づけられたそうで、プラットホームのすぐ脇が海で、ホームから水平線が見渡せます。行った日は荒れた波がそばまで打ち寄せていました。チョンドンジン駅はドラマ「モレシゲ(砂時計・모래시계)」のシーンで有名です。学生運動をして地下にもぐっていたヒロイン(コ・ヒョンジョン・고현정)がつかまるところです。その場に立って、ドラマのシーンを思い起こしました。「春の日」もコ・ヒョンジョンがヒロインでしたね。

駅から歩いて15分くらいのところに、モレシゲ公園があります。駅前の案内所のお兄さんに略図を書いてもらって、雨脚の弱まったところを歩きました。公園には巨大な砂時計があって一年に一回ひっくり返すようになっています。写真の丸いのがそれで、中央部分が砂時計です。8月も半ばということで、残りの方が少なくなっていました。小高い丘の上には帆船が見えます。大きな砂時計といい何故こんなところに帆船が(?)・・・といい、如何にも韓国らしい図ではありませんか?

d0041400_2246389.jpg


最後に韓国の国鉄「むぐんふぁ号」の勇姿です。

d0041400_2326292.jpg


一時間に一本あるか無いかなので、汽車の旅は時間がゆったりと取れる時でないと楽しめませんね。今回はちょっとだけその気分にふれてみました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-30 23:35 | 韓国 | Comments(6)

カンヌン観光 烏竹軒と船橋荘 /'08夏の韓国

高速バスでソウルから3時間ほど。
都から遠く離れた東海(동해)に面したカンヌンが、どうしてこのように大きく栄える街になったかを知りたいと思いながら、歩きました。

まずは観光として誰もが訪れる烏竹軒(オジュッコン・오죽헌)と船橋荘(ソンギョジャン・선교장)。いわゆる観光をしたいとは思いませんが、歴史に敬意を表する意味で行ってみました。

烏竹軒(オジュッコン)は朱子学者として李退渓と並び称される栗谷・李珥(号が율곡・本名が이이)が生まれた家で、母の申師任堂(シンサイムダン)の実家です。申師任堂はソウルに住む両班(貴族)の李元秀(イ・ウォンス)と結婚しても多くの時間を実家で過ごし、自身の芸術世界を充足させるための人生を送った人だそうです。よく良妻賢母として支持されているそうですが、それとはちょっと違うような感じがします。
(栗谷の肖像画が5000ウォン札に、李退渓が1000ウォン札なっている。)

d0041400_13632100.jpg

d0041400_1364451.jpg

d0041400_136596.jpg

d0041400_1371398.jpg
~この黒い竹が「烏竹軒」の由来だそう。建物の周りにいっぱい生えていました~

儒教の国韓国とは知りながらも興味を持つことは無かったのですが、今回烏竹軒をたずねて、少し知識を得ることができました。


船橋荘(ソンギョジャン)は、朝鮮時代中期の両班(ヤンバン)の邸宅。

d0041400_13193094.jpg

d0041400_13194497.jpg

ここは、旅人を泊めるために作られたそうで、たくさんの人が宿泊できる造りになっていました。ここに座って、しばらく涼んできました。


どちらも住居ということで韓国の観光地の建築物に見られる鮮やかな色彩が無く、白と黒のコントラストが美しく、ゆっくりと静かな時間を過ごすことができました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-27 13:31 | 韓国 | Comments(6)

ただいま~♪ /'08夏の韓国

今回は、韓半島(한반도)を高速バスで横断してカンヌン(江陵・강릉)に行ってきました。

18日朝に羽田を発ちソウルに一泊して、19日午前にソウルからカンヌンに移動し、二泊して、21日昼にソウルに戻り、夜日本に帰ってきました。

高速パスの窓から見えた江原道(강원도)は、緑にがあふれていました。

d0041400_2221976.jpg


宿泊したホテルのすぐ前は東海(동해)。
着いたその日は、おだやかに地平線が見渡せました。

d0041400_2223136.jpg


しかし、次の日は、時々雨脚が激しくなったり、
小降りになったりのあいにくの天気でした。
海は荒れて、前日とは全く表情を変えていました。

d0041400_2224279.jpg


思わぬ天気で、束草(속초・ドラマ「秋の童話」の舞台)へ行く予定は無しにし、カンヌンを中心にゆっくりと回りました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-22 23:23 | 日々のつぶやき | Comments(6)

ちょっと・・・

旅にでます・・・

d0041400_15582658.gif


じきに戻ります・・・
探さないでください・・・ヾ( ̄▽ ̄;)ノあは・・・


この夏は韓国の江原道(강원도)に足を踏み入れます。
さて、どんな旅になるでしょうか。


↓コメントをありがとうございます。
 帰ってからお返事をさせていただきます。


では、行ってきます~(*^▽^*)v~
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-17 16:10 | 日々のつぶやき | Comments(6)

イ・ヘインさん インタビュー記事(1)

2008年3月28日(金)に新聞「朝鮮日報」発信のインタビュー記事です。インタビュアーは朝鮮日報のカン・インソン(강인선)記者です。
少し長いので、何回かに分けて訳文だけを載せることにします。原文はこちらをご覧ください。


d0041400_22341371.gif


6年ぶりに詩集『小さなよろこび』を出した修道女イ・ヘインさん(63)にインタビューをすることに決まってから心配ばかり大きくなっていた。世の中から隔離された修女院で、美しくきれいな詩だけを30年以上も書いてきたイ・ヘインさんに何を聞いたらいいのか漠然としていた。しかしイ・ヘインさんと初めて電話で話した後には早く会いたいと思うようになった。修女院をたずねていく道を説明してくれた彼女の声は活力がみなぎっていた。修女院ではなくチャガルチ市場に電話をかけたような気分だった。はつらつとした声を聞いている間、この人が本当に詩を書くイ・ヘインさんだろうかと疑わしくなるくらいだった。


d0041400_21502764.jpg


彼女の散文集のあちこちで、「3月は修女院に人事異動がある時期」と書いたのを見た後には、さらに親近感を感じた。平凡な勤め人たちが経験する人事異動とは違うだろうが修女院も一種の組織なのだ。イ・ヘインさんの実際の姿は1976年、初の詩集『たんぼぼの領土』を出した時に見せてくれた宗教的敬虔さいっぱいに満ちたイメージとは違うかも知れないと思われた。

24日午後、釜山カンアン洞にあるオリベッティーノ聖ベネディクト修女院本院に到着した時、丘の坂道を丸々とした顔で明るく笑うイ・ヘインさんが歩いて降りてきた。

イ・ヘインさんが聞いた。
"もしや、私がインタビューをあまりに簡単に引き受けたと思ったのではありませんか?"

そうだと言うと彼女はからからと笑った。
"実は、カン記者がイラク戦争の従軍取材に行った時、何故あんなに危ないところに行くのかと心配して、無事に帰ってくるように一生懸命お祈りをしたのですよ。ところがその記者が会おうと言うのですからすぐに引き受けたのです。私はいつもは主に電話とメールでインタビューを受けます。直接会ってのインタビューはほんとうにしばらくぶりですよ。"

5年前、無事の生還を祈ってくれたイ・ヘインさんにお礼を申し上げ、彼女の事務室であると共に執筆室である「ヘインの文の部屋(해인글방)」で向かい合って座った。

d0041400_22341371.gif


カン・インソン(강인선)記者は、イラク戦争の時に米軍に従軍して現地で取材をした女性です。私は、その時の記事は日本の「毎日新聞」で読んで知っていたので、イ・ヘインさんが「イラク戦争の従軍取材」の無事生還を祈ったというところを読んで、すぐに思い浮かびました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-16 22:59 | 韓国の言葉・学習 | Comments(0)

今年も韓国語能力試験が近づいてきました

受験をしようかどうしようか、申し込み締め切りのぎりぎりまで迷っていました。去年、当日とてもとてもくたびれたことばかり思い出されて、地道な試験勉強もしそうも無いので、迷ったのでした。結局、受けないというはっきりした理由もないので消極的参加というところで、申し込みだけはしておきました。

d0041400_11281843.gif


試験日まで1ヵ月あまり、受けるならば過去問でもみなければと3回分ダウンロードはしてみたものの、難しい~!! やはり高級はしっかり勉強をしなければいけないようです。試験のための勉強をしなくても理解ができて点数がとれるのが本当の実力と思うのですが、そのような日はいつか来るのでしょうか。 

試験前の効用として、他の用事がはかどるということはあります。それで今、前から読みたいと思っていたインタビューを読んでいます。試験勉強からの逃避で、楽しい時間を過ごしています。

6年ぶりに出版されたイ・ヘインさんの詩集「작은 기쁨(小さなよろこび)」を記念したインタビュー記事です。イ・ヘインさんの人となりがよくわかり、修道女でありながら詩を書き続けてきた人生の有様が語られていて、興味深く読むことができました。イ・ヘインさんはがんの手術を受けたばかりで今は闘病中とのことです。一日も早い回復をお祈りします。

インタビュー記事は勉強をかねて、これから紹介していこうと思います。
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-12 11:35 | 日々のつぶやき | Comments(12)

「洗濯」

今朝、真夏の紫外線を浴びながら、洗濯物を干していたときです。そういえば「洗濯物を干す」は韓国語でなんと言うのだろうかと、ふと浮かびました。そして、イ・ヘインさんのこの詩を思い出しました。

빨래
      – 이해인

오늘도
빨래를 한다

옷에 묻은
나의 체온을

쩔었던 시간들을
흔들어 빤다

비누거품 속으로
말없이 사라지는
나의 어제여

물이 되어 일어서는
희디흰 설레임이여

다시 세례받고
햇빛 속에 널리고 싶은
나의 혼을
꼭 짜서 헹구어 넌다

洗濯
      – イ・ヘイン

今日も
洗濯をする

服についた
私の体温を

しみついていた時間を
ゆすって洗う

石けんの泡の中へ
言葉もなく消えてゆく
私の昨日よ

水となり立ちあがる
真っ白いときめきよ

再び洗礼を受け
日の光に干されたい
私の魂を
ぎゅっと絞りすすいで干すのだ


d0041400_13141333.jpg


洗濯をする:빨래를 하다, 洗う:빨다, 石けんの泡:비누거품
すすぐ:헹구다, 絞る:짜다, 干す:널다
[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-04 13:36 | 日々のつぶやき | Comments(4)

僕たち、手紙をやりとりしたことがあったかな?/『ホワイトバレンタイン』

時間を見つけては公園でスケッチをするジョンミン(チョン・ジヒョン)。
鳩に餌をやっている人が気になったりしながらも、いつもと変わらない日々が続いていた。

d0041400_2145320.jpg

そんなある日、部屋の窓に白い鳩が飛び込んできた。
足に結わえた手紙を開いてみると、こう書かれていた・・・


  참 오래간만이지,
  우리가 편지를 주고 받았던 적이 있었나?
  本当にひさしぶりだね。
  僕たち、手紙をやりとりしたことがあったかな?

  네게 편지를 쓰는 지금 기분은
  참 새삼스럽고 새롭기도 하고 그래…
  君に手紙を書く今の気分は
  本当に今更のようで新しく感じられる…

  오늘은 언젠가 네가 말했던 곳에 한번 가 보려고 그래…
  가슴이 답답할 때면 바람 쐬러 나가곤 했다는 호숫가 말이야.
  거기에 가있으면 언제나처럼
  네가 느린 걸음으로 걸어 올 것만 같은데…
  今日は、いつか君が言っていた所にちょっと行ってみようと思って…
  気がふさぐ時は風に当たりに出かけたりした湖のほとりだよ。
  そこに行ったらいつかのように君がゆっくりと歩いてくるような気がして…

[PR]
by isa-syoujiten | 2008-08-01 21:49 | Comments(0)


「いさのハングル小辞典」をリニューアル。韓国と韓国語が好きな人と交流したいと願っています。2014年4月の韓国語能力検定試験で6級合格しました(^^*)


by いさ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

ようこそ!マイブログ
韓国の言葉・学習
日々のつぶやき
本との出会い
食べ物이야기
韓国
E-映画
D-ドラマ

新聞
台湾

タグ

(106)
(86)
(48)
(43)
(42)
(41)
(33)
(32)
(29)
(29)
(25)
(24)
(23)
(22)
(20)
(18)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)

最新のコメント

◇鍵コメさま お久しぶ..
by isa-syoujiten at 18:02
◇みかさん お役に立て..
by isa-syoujiten at 10:33
教えていただいたサイトで..
by みか at 23:59
◇みかさん うまく入手..
by isa-syoujiten at 15:03
비공개 님 추운 ..
by isa-syoujiten at 14:59
お返事ありがとうございま..
by みか at 22:34

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いずみのはんぐんまる日記
韓国語学習日記
あるびん・いむのピリ日記
旧・EVERGREEN ...
春風 吹いたら ~韓国語...
覚えたい韓国語
テクテクフォト
思いっきりHighkick
ありのままに、わがままに行こう
シアワセノカケラ
カジャ*カジャ**韓国!!
なんとなく韓流     ...
キルトで9条
まい ふぇいばりっと ...
お茶にしよ~っと。
韓国ときど記
喫 茶 素 描
空とぶっちゃの日々
めざめ日記
Nothing is u...
つれづれなるまにまに
マサモトママの日々の出来事
朝風がさわさわ
kdw231's world.
アルムダウン セサンが ...
幸せごっこ
韓国語って面白い
だいじょうぶ できる!で...
koe&Kyo 日々燦々
私的韓国語メモ
ぶん屋の抽斗
It's our tim...

リンク

最新のトラックバック

落ち込んだ時に励ましてく..
from 雪月花
秋の終わりの山梨へ (写..
from わたしの青い☆そら☆
ことわざ 속담
from 韓国語って面白い

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
韓流スター・ドラマ

画像一覧