<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「文章を書くことの不思議」

雑誌「좋은생각」の2009年4月号の文章です。
映画『過速スキャンダル』の監督강형철(カン・ヒョンチョル)さんです。

   글쓰기의 신기함       영화감독:강형철
  文章を書くことの不思議    映画監督:カン・ヒョンチョル

뒤늦게 진학한 영화학교를 졸업하고 감독이 되기 위해 조연출 생활을 몇 해 했으나 번번이 제작이 무산되며 젊음을 낭비하고 있었다. 이대로는 안 되겠다 싶어 시나리오를 쓰기 시작했다. 첫 이야기는 노처녀가 자아를 찾아가는 내용인데 그녀들의 자아는커녕 내 자아에 혼돈만 겪은 채 반년을 보냈고 결국 완성된 시나리오는 빛도 보지 못하고 노트북 하드 *양지바른 곳에 묻어 주었다.

遅れて進学した映画学校を卒業して、監督になるために数年AD生活をしていたが、いつも製作が消え去り、ただ若さを浪費しているだけだった。このままではだめだと思い、シナリオを書き始めた。最初の話はオールドミスが自我を探す内容だったが、彼女たちの自我はおろか自分の自我に混沌をきたしたまま半年が過ぎ、結局完成したシナリオは日の目を見ず、パソコンのハードウェアに埋めることになった。

나의 재주 없음을 탓하며 열심히 살지 못한 인생을 후회하던 어느 날 인생을 후회하는 남자 이야기를 시나리오로 쓰기 시작했다. 역시나 완성도는 형편없었지만 3개월만에 탈고하고 곧바로 다음 시나리오에 들어갔다. 이렇게 무모하게 시나리오를 일곱 편 정도 썼고 두 편으로 감독 준비를 하다가 결국 그중 하나인 <과속스캔들>로 감독 데뷔를 하게 됐다.

自分の才能が無いせいだと、一生懸命生きることのできなかった人生を後悔していたある日、人生を後悔する男の話をシナリオに書き始めた。やはり完成度は散々なものだったが3か月ぶりに脱稿して、すぐさま次のシナリオに取り掛かった。このように無謀にシナリオを7編ほど書き、2編で監督をする準備をしていたが、結局そのうちのひとつ「過速スキャンダル」で監督デビューをすることになった。

d0041400_21535379.jpg

가끔은 글을 쓴다는 행위가 참 신기하다. 첫 문장을 쓰기 위해 마주한 백지는 언제나 공포스럽지만 그 백지 속에 무작정 단어를 던지고 손을 움직이다 보면 그 안에 인물이 생기고 그 인물은 사고하고 행동한다. 하지만 그 인물들이 언제나 작가의 뜻에 따르지는 않는다. 갑자기 행동을 멈추고 나를 향해 '어쩌라고?' 두 팔을 뻗기도 한다. 녀석과의 줄다리기는 언제나 힘겹다. 달래도 보고 'Delete' 버튼에 손을 얹고 협박도 해 보지만 좀처럼 말을 듣지 않는다. 그런데 이런 정신병자 같은 행위를 수없이 하고 있노라면 신기하게도 다음 목적지가 쉽게 나타난다. 심지어 신들린 듯 자판을 두드리는 나의 손가락이 어느덧 "The End"를 찍을 때도 있다.

時に文章を書くという行為は本当に不思議だと思う。はじめの一文を書くために向かった白紙はいつも恐ろしいものだが、その白紙の中にやみくもに単語を投げつけ手を動かしてみると、その中に人物が生まれ、その人物が思考し行動をする。しかしその人物がいつも作家の思い通りになるわけではない。突然行動を止め、私に向かって「それがどうした?」と両手を伸ばしたりする。そいつとの綱引きはいつも力あまる。なだめてみたり'デリート'ボタンに指を載せ脅迫をしてみても、全く言うことを聞きはしない。しかしこんな精神病者のような行為を数多くしていると、不思議なことに次の目的地が容易に表れる。その上、神がかったようにキーボードをたたく私の指が、いつの間にか「The End」と打つ時もあった。

완성된 시나리오를 읽다 보면 언제나 두 가지 생각을 하게 된다. 글을 썼기 때문에 완성할 수 있었고 글 안에서 길을 찾게 될 때는 신의 힌트가 있었다는. 언젠가부터 삶이 이런 글쓰기와 비슷하다는 생각이 들었다. 정말한 치 앞도 볼 수 없는 불확실한 인생에서 늘 길을 잃고 좌절하지만 계속해서 목표를 가지고 살아가다 보면 여러 가지 모양으로 길을 찾는다. 그리고 돌이켜 보면 한 편의 드라마같이 삶의 플롯이 들어 맞음을 확인한다. 신기한 일이다.

完成したシナリオを読んでみると、いつも2つの考えが浮かぶ。文章を書くが故に完成することができるのであり、文章の中に道を探す時は神のヒントがあるということ。いつからか、人生がこんな文章を書くことと似ていると思うようになった。ほんのすぐ目の前も見ることができない不確実な人生で道に迷い挫折をするのはいつものことだが、続けて目標を持って生きていくといろいろなふうに道を探すものだ。そして振り返ってみると一遍のドラマのように人生の筋立てがぴったり当てはまることを確認する。不思議なことである。

그전에도 그랬고 앞으로도 수없이 그러하겠지만 글 속에서 삶 속에서 길을 잃었을 때 나는 또다시 무언가를 할 것이고, 그로 인해 다시금 길을 찾을 수 있으리라 믿는다. 그 길이 늘 쉽지는 않겠지만, 뭐 달리 마땅한 방법도 없지 않은가.

これまでもそうでこれからも数多くそうだろうが、文章の中で人生の中で道に迷った時、私はまた何かをなすつもりであり、それゆえに再び道を探すことができるだろうと信じる。その道はいつもたやすくはないだろうが、何か違うふさわしい方法も無くはないのではないかと思う。

*양지바른 곳
 「양지바른 곳(日当たりのいい所)」・・・この訳が難しかったです。
 なので、適当に丸めちゃいました(〃゜▽゜;Aアセアセ・・・
 韓国では、お墓は日当たりのいい良い場所を選ぶといいます。
 ここではそんなイメージを重ねての表現なのでは、と思いました。


これを読んで『過速スキャンダル』を見たくなりました。
韓国でヒットしたとのこと、見てみて何となくそのわけがわかるように思いました。
[PR]
by isa-syoujiten | 2009-06-26 22:05 | 韓国の言葉・学習 | Comments(2)

「厳しくも温かい王様」

ドラマで正祖(朝鮮時代22代の王)を知りました。
数年前、水原(수원)に行った時、この都が作られた経緯は解説で知りましたが、それが正祖であり父のサド世子に関することであると、ドラマやいろいろな文章に出会い理解が深まりました。
そんなこともあり、こんな文章が目につき、興味深く読みました。


 매섭고도 따뜻했던 임금   이한:역사저술가

 厳しくも温かい王様     イ・ハン:歴史著述家

얼마 전 정조의 비밀 편지가 공개되었다. 그의 최대 정적으로 알려진 심환지와 정치적인 협약을 했다는 사실이 드러나 많은 사람이 깜짝 놀란다. 여러 서적과 드라마 덕에 온화한 이미지가 강해진 탓도 있을 듯하다. 일각에서는 정조에게 있던 성군의 이미지가 무너졌다는 말도 나오는 모양이다.

少し前、正祖の秘密の手紙が公開された。彼の最大の政敵として知られている沈煥之と政治的協約を結んだという事実が明らかになり、多くの人を驚かせた。いろいろな書籍やドラマのおかげで温和な印象が強くなっていたせいもあるようだ。一部では正祖の聖君のイメージが崩れたという言葉も聞かれるようだ。

잘 알려졌다시피 정조의 과거는 암울했다. 어린 시절 아버지 사도세자가 비극적인 죽음을 맞는 것을 보았고, 또 작은 외조부가 정적이 되기도 했다. 장성한 이후로도 많은 정치적인 압박에 시달려야 했다. 그런 정조가 좋은 왕이 될 수 있던 것은, 여러 울분을 공부로 푼 덕이리라. 공부에 대한 그의 열정은 굉장해서 놀거나 자는 것보다 책 읽는 것을 더 좋아했고, 180여 권에 달하는 문집을 남기기까지 했다.

よく知られているように、正祖の過去は陰鬱だった。幼いころに父のサド世子が悲劇的な死に合ったことを見たこともあり、また大叔父が政敵でもあった。長じた後にも政治的圧迫に苦しめられた。そんな正祖がすぐれた王になることができたのは、さまざまな鬱憤を勉強で晴らしたおかげだろう。勉強についての彼の熱情は大変なもので、遊んだり寝たりするよりも本を読むことが好きで、180余巻に達する文集を残すまでだった。

그러다 보니 정조는 공부한 사람 특유의 고집이 있었다. 치세 동안에 정조는 왕의 권위를 내세우며 신하들을 윽박지르는 대신, 그들과 집요하게 토론을 벌였다. 해박한 지식과 탄탄한 논리로 무장한 정조에게 제대로 반박할 수 있는 신하는 많지 않았다. 하지만 때로는 그게 지나쳐서, 너무 꼼꼼하게 따지고 늘어질 때는 채제공이 만류했다. 또 어떤 때는 노골적으로 빈정거리거나다를 폭발시키는 말을 쏟아 내기도 했다. 하지만 그 이상으로 정조는 자신과 함께할 인재를 갈구헌다. 그래서 젊은 *초계문신들을 키우고 돌보는 데 열성을 쏟았다. 신하들이 그들을 편애한다며 불만의 소리를 높일 정도였다. 그런데 인재를 아끼는 것이 무조건적인 애정을 뜻하지는 않았다. 만약 엇나간다면, 자신이 아끼는 이들이라고 해도 매섭게 야단쳤다.

そうしてみると、正祖には勉強を好む人特有の頑固さがあった。治世の間、正祖は王の権威を打ちたてて臣下たちを抑圧するかわりに、彼らと執拗に討論をした。該博な知識と堅固な論理で武装した正祖にまともに反駁できる臣下は多くなかった。しかし時にはその度が過ぎて、いちいち問い詰めて食い下がる時には蔡濟恭が引きとめた。また、ある時には露骨に皮肉ったり、怒りを爆発させる言葉をなげつけたりした。しかし、それ以上に正祖は自分とともにことをなす人材を渇望した。それで若い*抄啓文臣たちを育て世話をするのに熱心だった。臣下たちが彼らを偏愛すると言って不満の声が高くなるほどだった。ところが人材を大切にするというのは無条件の愛情を意味するわけではなかった。もしも道にそれることがあると自分が大切に思う人であっても厳しくしかりつけた。   

당시 조선에는 서학이 전래되면서 소설이 유행했는데 초계문신들도 이를 배웠다. 하지만 주자학의 나라에서 서학은 이단이었고, 이 사실을 안 정조는 크게 분노했다. 몇 번이나 어떻게 이럴 수 있느냐고 섭섭함을 토로하고, 벼슬을 빼앗거나 반성문을 쓰게 했다. 그런데 이런 처벌은 젊은이들의 잘못을 바로잡는 것은 물론, 그들을 질투하는 신하들로부터 지켜 주는 보호벽이 되기도 했다. "이미 처벌은 끝났다."라며 현란한 언사와 견고한 논리로 그들을 향한 비난을 막아섰다. 그렇게 지켜 낸 이들이 정약용이나 이가환 같은 우리에게 익숙한 이름이다. 만약 정조가 마냥 착하기만 했다면, 어떻게 그들을 지켜 낼 수 있었겠는가. 그는 때로 매섭게 혼을 낼지언정, 정말 어려울 때 신하들을 지켜 주는 임금이었다.

当時、朝鮮には西学が伝来して小説が流行したが、抄啓文臣たちもそれを学んだ。しかし朱子学の国に西学は異端であり、この事実を知った正祖はひどく怒った。何度も、どうしてこんなことがあるのかと残念がり、官職を奪ったり反省文を書かせたりした。しかしこんな処罰は若者たちの過ちを正すことはもちろんだが、彼らを嫉妬する臣下たちから守ってやる保護壁となったりもした。「もう処罰は終わった。」という、目立つ言葉と堅固な論理で彼らに向かう非難を防いだ。このように守り通した人々が丁若鏞や李家煥のような私たちにも馴染んだ名前だ。もしも正祖がただ善良なだけだったらどうして彼らを守り通すことができただろうか。彼は時には厳しく懲らしめることはあっても本当に困難な時には臣下たちを守ってやる王様だった。

―좋은생각 2009.04 ―


*초계문신(抄啓文臣)은 조선 후기 규장각에서 특별교육과 연구과정을 밟던 문신(文臣)들을 칭하는 용어이다.

 抄啓文臣は朝鮮時代後期、奎章閣で特別な教育と研究課程を踏んだ文臣たちを称する用語である。

[PR]
by isa-syoujiten | 2009-06-20 22:26 | 韓国の言葉・学習 | Comments(2)

「できあがらなかったパズル」

今日は臨時に時間ができて、うれしい~♪

続けて、放送作家の김미라(キム・ミラ)さんの文章です。
ちょっといい話が、身近な例を引きながら難しくない表現でコンパクトにまとまっています。
d0041400_13312529.jpg今度韓国に行ったら、彼女の本が欲しいと思っています(*^▽^*)b


  맞추지 못한 퍼즐
  できあがらなかったパズル

여러 사람을 두 팀으로 나누어서 퍼즐을 맞추게 합니다. 수천 개의 조각으로 이루어진 퍼즐을 맞추는 일은 쉽지가 않겠지요. 두 팀 중에서 어느 한 팀이 퍼즐을 맞추고 나면 다른 팀의 작업도 중지시킵니다. 오랜 시간이 지난 뒤 그때 맞추던 퍼즐에 관해서 물어보면 어느 팀이 더 많이 기억할까요? 퍼즐을 다 맞춘 팀보다는 끝내 퍼즐을 완성하지 못했던 팀의 사람들이 더 많은 것을 더 자세히 기억하고 있었다고 합니다.

数人の人を二つのチームに分け、パズル合わせをしようとします。数千個のピースのパズルを合わせることはたやすいことではないでしょう。二つのチームのうちどちらかがパズルができたら、他のチームは作業を中止します。しばらく経った後に、その時のパズルについて聞いてみると、どちらがより多く覚えているでしょうか。パズルを全部合わせたチームよりも、ついに完成できなかったチームの人々がより多くのことを詳細に覚えていたということです。

끝내 완성되지 않은 퍼즐처럼 아쉬움을 남긴 것들, 끝끝내 이룰 수 없었던 것들, 마음이 후련할 때까지 누려보지 못한 것들, 마음먹은 만큼 사랑하지 못했던 사람, 해주고 싶었던 것을 다 해주지 못했던 관계. 만족스럽게 보낸 날들은 기억에서 사라졌어도 다 맞추지 못한 퍼즐 같은 순간은 오래오래 남아 있습니다. ‘도마에 새겨진 수많은 칼자국’처럼 마음에 새겨져 있을 것입니다.

最後まで完成できなかったパズルのように心残りがあること、ついに成し遂げられなかったこと、心行くまで楽しむことができなかったこと、心を決めるほどには愛することができなかった人、してあげたかったことを全部できなかった関係。満ちたりてすごした日々は記憶から消えていっても、全部できなかったパズルのような瞬間は長い間残っています。「まな板についた数多くの切り傷」のように心に刻みつけられていることでしょう。

미완성의 퍼즐은 우리에게 가르쳐주었습니다. 세상에는 내 뜻대로 되는 일들이 그리 많지 않으며, 그런 과정을 통해 우리는 겸손함을 배우고 앞으로 나아가게 된다는 것을. 완벽하게 다 맞추지 못했기 때문에 더욱 애틋하게 기억되는 순간을 새삼스럽게 쓰다듬어봅니다. 도마에 새겨진 칼자국을 쓰다듬어보듯이….

未完成のパズルは私たちに教えてくれました。世界には自分の思うようになることがそんなに多くなくて、そんな過程を通して私たちは謙遜を学び、前に進むようになるということを。完全にすべて合わせることができなかったからより切なく覚えている瞬間を、改めてなでさすってみます。まな板に刻まれた切り傷をなでさするように・・・

(월간<샘터> 2007년 12월호)

[PR]
by isa-syoujiten | 2009-06-16 13:27 | 韓国の言葉・学習 | Comments(2)

「道を尋ねたい人」

一週間に一度は、更新をしたい!!
d0041400_11354292.gifと思っているのですが、なかなか・・・(*ーー*)

d0041400_11353142.gif
放送作家の김미라(キム・ミラ)さんの文章です。


  길을 묻고 싶은 사람       
    道を尋ねたい人

여고 선배님 중에 관상에 조예가 깊은 분이 있습니다. 어느 모임에서 그분은 후배들의 성화에 못 이겨 ‘좋은 관상’에 대한 이야기를 해주셨습니다. 좋은 관상과 그렇지 않은 관상을 구분하는 세세한 기준들이 있지만, 그런 것을 *
떠나서
좋은 관상이란 ‘조화를 이룬 모습’이라고 알려주셨습니다. 조화로운 비례를 이루고 있는 신체, 다른 사람이 보았을 때 편안함을 느끼는 표정을 가진 사람이 좋은 관상을 가진 것이라고 합니다.

女子高の先輩の中に人相見に造詣が深い方がいます。ある集まりでその方は後輩たちにせがまれて「良い人相」についての話をしてくださいました。良い人相とそうでない人相を分ける細かな基準はあるが、それに関わらずよい人相というのは「調和をなす姿」だと教えてくださいました。調和した均整のとれた身体、他の人が見た時に安らぎを感じさせる表情の人が良い人相だというのです。

정말 좋은 관상을 가진 사람을 알아보는 방법이 하나 있다고 그분은 말씀하셨습니다. 낯선 길을 가고 있을 때 거리에 서 있는 여러 사람 중에서 ‘아, 저 사람에게 길을 물어보면 잘 가르쳐줄 것 같다’는 느낌을 주는 사람이 바로 가장 좋은 관상을 가진 사람이라는 겁니다.

本当に良い人相の人を探る方法がひとつあるとその方はおっしゃいました。見知らぬ道を歩いている時、通りに立っている人々の中で、「あ、あの人に道を尋ねたらちゃんと教えてくれそうだ」という感じを与える人がまさに最も良い人相の人だということです。

‘길을 묻고 싶은 사람’이란 그 사람이 가진 기운이 따뜻하고 너그럽게 느껴지는 사람이겠죠. 평생 고운 생각을 하며 잘 살아온 사람만이 가질 수 있는 아우라가 있는 사람일지도 모릅니다. 살면서 어려운 벽에 부딪혔을 때 떠오르는 사람, 인생의 길을 묻고 싶은 사람도 역시 좋은 관상을 가진 사람이겠지요. 좋은 관상이란 그 사람이 품고 있는 지혜의 반영인지도 모르겠습니다. 이제 누군가가 내게 길을 물어온다면, 가던 발걸음을 잠시 멈추고 성실하게 길을 가르쳐줘야겠습니다.

「道を尋ねたい人」というのは、その人の発するものが温かく寛大に感じられる人でしょう。一生美しい考えをし、善良に生きてきた人だけが持つことのできるオーラがある人かもしれません。生きていて難しい壁にぶち当たった時思い浮かぶ人、人生の道を尋ねたい人もやはり良い人相の人でしょう。良い人相というのは、その人が抱く知恵の反映かもしれません。これから、誰かが私に道を聞いてきたら、しばし歩みを止めて誠実に道を教えてあげなければと思います。

(월간<샘터> 2008년 02월)



*떠나다 1. 있던 곳에서 다른 곳으로 옮겨가다. 멀어지다.
       2. 그만 두거나 관계를 끊게 되다.
       3. (어떤 일을 하러) 나서다.
       4. 상관이 없다.     ・・・<한국어 학습 사전>・・・
떠나다は訳す時に難しいと感じることが多いです。。ここでは、4でいいでしょうね。
[PR]
by isa-syoujiten | 2009-06-13 11:41 | 韓国の言葉・学習 | Comments(0)

「実」

열매  – 이해인
 実  – イ・ヘイン

꽃이 진 그 자리에
어느새 소리 없이
고운 열매가 달렸어요

花が散ったその場所に
いつの間にか音もなく
きれいな実がなっていました


내가 하기 싫은 일을
하고 나면
수고의 땀이 맺어주는
기쁨의 열매

私がしたくないことを
しおえると
ご苦労様の汗がむすんでくれる
よろこびの実


내가 아파서 흘린
눈물 뒤에는
인내가 낳아주는
웃음의 열매

私が痛くてながした
涙の後には
忍耐がもたらしてくれる
笑いの実


아프고 힘들지 않고
열리는 열매는 없다고
정말 그렇다고

痛くも辛くもなくて
みのる実はないと
ほんとうにそうだと


나의 맘을 엿보던
고운 바람이
나에게 일러줍니다

私の心をのぞきみた
きれいな風が
私におしえてくれます

d0041400_12481068.jpg
~この春、庭に一粒だけ実ったイチゴの実~

痛くも辛くもなくて
みのる実はないと

ほんとうにそうだと、思ったことでした。

[PR]
by isa-syoujiten | 2009-06-04 12:55 | 韓国の言葉・学習 | Comments(4)


「いさのハングル小辞典」をリニューアル。韓国と韓国語が好きな人と交流したいと願っています。2014年4月の韓国語能力検定試験で6級合格しました(^^*)


by いさ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

ようこそ!マイブログ
韓国の言葉・学習
日々のつぶやき
本との出会い
食べ物이야기
韓国
E-映画
D-ドラマ

新聞
台湾

タグ

(107)
(87)
(49)
(44)
(42)
(41)
(33)
(32)
(29)
(29)
(25)
(24)
(24)
(22)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)

最新のコメント

◇takさん 「ヨンシ..
by isa-syoujiten at 21:17
今日、「ヨンシル」が終わ..
by tak at 21:38
◇ takさん いつも..
by isa-syoujiten at 16:58
isa様 ご無沙汰してお..
by tak at 13:52
◇ 観音寺さん  お久..
by isa-syoujiten at 17:51
いさヌナこんにちは? ..
by 観音寺 at 15:36

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いずみのはんぐんまる日記
韓国語学習日記
あるびん・いむのピリ日記
旧・EVERGREEN ...
春風 吹いたら ~韓国語...
覚えたい韓国語
テクテクフォト
思いっきりHighkick
ありのままに、わがままに行こう
シアワセノカケラ
カジャ*カジャ**韓国!!
なんとなく韓流     ...
キルトで9条
まい ふぇいばりっと ...
お茶にしよ~っと。
韓国ときど記
喫 茶 素 描
空とぶっちゃの日々
めざめ日記
Nothing is u...
つれづれなるまにまに
マサモトママの日々の出来事
朝風がさわさわ
kdw231's world.
アルムダウン セサンが ...
幸せごっこ
韓国語って面白い
だいじょうぶ できる!で...
koe&Kyo 日々燦々
私的韓国語メモ
ぶん屋の抽斗
It's our tim...

リンク

最新のトラックバック

落ち込んだ時に励ましてく..
from 雪月花
秋の終わりの山梨へ (写..
from わたしの青い☆そら☆
ことわざ 속담
from 韓国語って面白い

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
韓流スター・ドラマ

画像一覧