タグ:新聞記事 ( 32 ) タグの人気記事

絵画版『霧津紀行(무진기행)』

『霧津紀行(무진기행)』の作家キム・スンオク氏が最近画集を出したとの
ニュースを見ました。
소설과는 판이한 김승옥의 그림…그늘 한 점 없이 밝고 따뜻하다

d0041400_1143173.jpg
<그림으로 떠나는 무진기행>

2003年に脳卒中に倒れ、治療の結果日常生活に支障がないほどに回復したが、まとまった文章を書く能力は失ってしまったとのこと。しかし、かつて時事漫画家として活躍していたことがあり、その絵を描く能力は残っていたそうです。



筆談したものを出版社がまとめたという「作家の言葉」

다행히 ‘글쓰기’와 ‘말하기’를 잠시 거두어 가신 하느님께서 감사하게도 그림 그리는 일은 허락하셨기에 아쉬운 대로 그림을 통해 그분들(독자들)과의 만남을 시도해 보고자 합니다
이 책을 통해 저와의 교감을 느껴주시면 더할 나위 없이 감사하겠습니다

幸い、「物書き」と「話すこと」をしばし取り上げなさった神様が、ありがたいことに絵を描くことは許してくれたので、せめて絵を通して読者との出会いを試みようと思います。
この本を通して、私とのふれあいを感じていただけたら、この上なくありがたく存じます。



小説『霧津紀行(무진기행)』を読んだことがあります。文学史的な評価は別として、「何この話?!」と全く良さを感じられませんでした。今回、キム・スンオク氏の絵を韓国のサイトで見てみましたが、どれもやわらかい色彩で温かみがあって癒される感じの作品でした053.gif










[PR]
by isa-syoujiten | 2017-03-16 11:58 | 本との出会い | Comments(0)

名脇役キム・ジヨンさん逝去

「元老俳優キム・ジヨンさん別世」とニュースが伝えていました。
享年79歳。
2年間肺がんで闘病中のところ、急性肺炎で今日2月19日に亡くなったとのことです。

d0041400_16424590.jpg


私の好きな映画にもいろいろな役柄で出ていて、大好きな役者さんのひとりでした。
삼가 고인의 명복을 빕니다.

2003년 《...ing》- 아줌마 역
2004년 《그녀를 믿지 마세요》- 할머니 역
2007년 《아들》- 강식 모 역



d0041400_21372984.jpg
d0041400_16573853.jpg
《그녀를 믿지 마세요》でヨンジュ(キム・ハヌル)がヒチョル(カン・ドンウォン)の家から逃げ出すために窓からロープを伝って降りようとするが、ハルモニが窓を開けて『해님 달님(おひさまとお月さま)』のお話を長々として、脱出に失敗する



d0041400_19142173.jpg
《아들》でガンシ(チャ・スンウュン)の母役、치매 앓는 엄마演技はすばらしかった―









[PR]
by isa-syoujiten | 2017-02-19 17:15 | 日々のつぶやき | Comments(0)

韓国人パパの日本の子育て状況紹介

京郷新聞に、日本で仕事をしている韓国人パパのチェ・ビョンスさんが書いた
日本での子育て状況を紹介する記事がありました。

東京の新宿区で実施されている子育て支援の様子がわかりやすく書かれています。

d0041400_11422878.gif
出産から満15歳まで診察費も薬代も無料
外国人である私も税金を払うのが惜しくありません
    
          -京郷新聞 2017.01.26


日本で15年間暮らしているが、娘が生まれてからの生活は以前とはまるで変ってしまった。小児科で予防注射を受けたりスーパーで離乳食の器具を用意するなど、娘と暮らす日常のすべてがチャレンジだった。そんな時に出会った人が原田さん。70代の女性で、私たちが住んでいる東京新宿区が支援する「ホームスタート」事業のボランティアだ。「ホームスタート」事業は子育て経験のある先輩ママたちが、子育て中の家庭を訪問し、両親の悩みを聞いて子育ての手伝いをする事業だ。5年以上ボランティアをしてきた原田さんは新米パパママの私たちの話を聞いてくれ共感してくれた。

日本の子育て支援システムの最も大きな強みは「心遣い」だ。両親が何を必要としているか、正しく把握し細心の注意を払い援助してくれる。日本では子どもを育てるのが母親一人だけでないと感じさせてくれる。出産すると保健所から助産師や保健師が家に訪ねてきて、赤ちゃんの状態をチェックしママの悩みの相談にのってくれる。乳幼児健診の時、検診項目に必ず「養育者が育児に対して相談する人が周囲にいますか」という質問がある。少し前、娘が1歳半になり口腔検診のため保健所行った。保健所の職員と育児状況について基本的な相談をした時のこと、妻が外国で子育てを一人でするのが大変で涙がこぼれたと打ち明けた。職員は検診が終わった後、妻を個別に呼び、区で運営するいろいろな子育て支援の集まりを教えてくれ、参加が難しかったらいつでも自分に電話をするようにと言ってくれた。

娘が2歳になった頃、私たち夫婦と娘は家の近所にある区立保育園の「子育て広場」に通い始めた。区が運営するキッズカフェとでもいおうか。保育園の先生の指導のもと、近所の母親と子どもたちが集い一緒遊べる場所だ。好奇心旺盛になった娘はそこで他の子どもたちと遊び方を学び、妻も日本人の母親たちと短い時間ではあるが交流できた。「ひろば」と似ていて乳幼児から小学生まで誰でも行けて思いっきり遊べる「児童館」も町のあちこちにある。

「ファミリーサポート事業」もその頃利用し始めた。社会福祉協議会が、保護者と近所の支援者をつなげてくれる事業だ。近頃は、「一時保育」で娘を預け、家事をしたり外出をしたりしてやっと一息つくことができた。「一時保育」は特定の保育園で養育者が望む時間に子どもをしばらく預かることだ。私の町内にある保育園では1時間500円、最長5時間まで預かってくれる。養育者が病気などやむを得ず育児ができないときは最長7時間まで預かってくれる「ショートステイ」、パートの母親のための「一時保育」など、子どもを見てくれるシステムは多様にある。

日本も完璧な「育児天国」ではない。日本の父親たちもやはり勤務時間が長く、育児休暇を取るのも嫌がられるようだ。しかし、韓国で私的な領域とする育児を、日本では大部分公共の領域として用意してくれている。日本では出産をすると40万円ほどの出産一時金が出て入院費や薬代がほとんど無料だ。日本で十余年働いていた間納めた税金はもったいなかったが、娘が生まれてからは税金が惜しいと思ったことは一度もない。

チェ・ビョンス 大学時代に日本に留学。2008年から東京の金融機関勤務。
      2014年に結婚をし1歳9か月の娘がいる。








[PR]
by isa-syoujiten | 2017-01-29 11:45 | 韓国の言葉・学習 | Comments(0)

ある'急進的'童話作家の死 #2

權正生(クォン・ジョンセン)氏の亡くなった5月にこの記事を、と思っていて、
5月が終わる前に終えることができて、よかった003.gif



d0041400_11421785.jpg




彼は誰にもわかりやすく、とてもたやすい言葉で、社会がどのように変わらなければならないかを語る。立ち向かえと言うより、自ら変わらなければならない、欲望を捨てよと言う。より多くのものを欲しがる心を恥ずかしく感じさせ、小さくか弱い存在や軽く取り扱われるものに希望を見出すようにしてくれる。貧しく疎外され病にかかった人々にあたたかい視線、そしてそのような存在が見せてくれる希望に人々の心を向かわせる。それがクォン・ジョンセンの文学の持つ力だ。私はこれよりラジカルな実践の力を持つ思想家を知らない。それはただ彼が無欲と無所有、節制と貧困の人生を生きたからではなく、人々に自分の貪欲さを手放させ、小さくちっぽけなものの持つ力に気づかせてくれるからだ。

去る大統領選挙の時、多くの人々が「現実性のない急進性」に疑いの目を投げかけ、「穏健な改革」を標榜する勢力に票を投じた。しかし5年の歳月が過ぎた今、「中道改革」への信頼は無残なものとなり、そのうえ詐欺にあったような気分だという人々もいた。ますます少数の持てる者たちのために多数が犠牲にならねばならない現実の中で、人々の欲望を原動力に発展していく全世界的資本主義の波の中で、果たして改革というのはどのような性格のものでならねばならず、何がこの波を元に戻す根本的な変化の力となるか。クォン・ジョンセンの生と死はそれをかえりみさせてくれる。革命が消え去った時代、変化を導きだす信念とイデオロギーが散り散りになったこの時代、彼の人生と文学は、部分的改革でなく、全面的で根本的な改革を要求する。物質を神のごとく尊ぶこの社会で、最も現実的な改革はまさしくこれだといえるのではないだろうか。

*去る大統領選挙:2002年ノムヒョンが大統領に、5年後2007年イ・ミョンパクが大統領になった。


クォン・スヒョン / 韓国女性民友会編集委員
出典はこちら>>> ハンギョレ新聞2007.05.28




原文
[PR]
by isa-syoujiten | 2015-05-31 11:43 | 新聞 | Comments(0)

ある'急進的'童話作家の死 #1

d0041400_12302135.jpg
絵本『강아지 똥(こいぬのうんち)』で知られている權正生(クォン・ジョンセン)氏についての文章です。
2007年5月17日に亡くなりました。
もう8年になるのですね。
以前、『モンシル姉さん』を読んだことがありました。



ある'急進的'童話作家の死

私がクォン・ジョンセン (權正生)の『モンシル姉さん』を初めて読んだのは大学院生の頃だった。授業料と生活費をまかなうために働きながら、難解な理論を勉強するために心身ともにくたびれはてていた頃、この本に接したのだったと思う。何か凝りかたまっていたものがほどけていく感じだった。この本のメッセージは明確だ。私たち世代ならだれでも当然のように学習した反共意識の核心は同じ民族同士互いに憎みあらそわせる「憎悪のイデオロギー」だということ、分断と戦争、貧困と飢えの中で人々に最も切実に必要なものは物質的な豊かさではなく互いに対する憐憫と分かち合いの精神だということだっだ。朝鮮戦争以後、貧困と暴力、憎しみに満ちた世の中で作家が、主人公の女の子を通して示した人間と人生についての態度は単に善良な人という言葉以上の意味を持っていた。それは美しさだった。彼が書きあげた童話の本は、胸の奥深くに根付いた怒りや憎悪を一様に溶かし、病にかかり貧しく阻害された存在に対する尊重と愛に変える力を持っている。

「自分の分け前以上を使うことは他の人のものを奪う行為だよ。私が2杯の水を独り占めしたら、誰かが私のためにのどが渇き苦痛を感じるということに気が付かなければ・・・。それでこそあるべき世界になるのではないか。」彼は自分の言葉と日常がきっちり一致する人だった。生涯、病魔と闘いながらも、数坪あまりの土塀の家、食器数個、布団と一山の本以上のものを決して持とうとはしなかった。クォン・ジョンセンの人生と著作は、より多くを手に入れようという欲求、より楽に生きようとする欲求を捨てきれない私の恥ずかしい姿をかえりみさせてくれる。彼の鏡に映る私の姿は他の人よりもより豊かに、より多くを手にしようとする、みすぼらしい競争者に過ぎない。彼の著作は中年になった私の本棚に依然として並んでいる。おそるべき競争の中で私の心をかえりみ精神をしゃんとしてくれるからだ。
(つづく)


クォン・スヒョン / 韓国女性民友会編集委員
出典はこちら>>> ハンギョレ新聞2007.05.28
 


原文
[PR]
by isa-syoujiten | 2015-05-24 13:00 | 新聞 | Comments(0)

チョン・ドンハ/プファル脱退と結婚

プファル(부활)のボーカルチョン・ドンハがグループを脱退したとのニュースを見てびっくり005.gif

それから、今日11日に8年来の初恋を実らせて結婚式を挙げたそうです。
おめでとう~056.gif

d0041400_22404013.jpg
사진제공=정동하 부활 탈퇴/부활엔터테인먼트

ロックグループ「プファル」のボーカルチョン・ドンハがグループを脱退したという報道があった。

1月3日の芸能ニュースによると、チョン・ドンハは最近所属会社であるプファルエンターテインメントとの専属契約が満了になり再契約をしなかったという。チョン・ドンハは再契約をせずプファルを脱退してソロ活動をするとのことだ。

これまでチョン・ドンハは、2005年プファルの第9代ボーカルとして合流し盛んに活動してきた。その後、KBS2の 「不朽の名曲-伝説を歌う」等に出演し爆発的な歌唱力で視聴者の好評を受けてきた。また、ミュージカル「切り裂きジャック」、「ノートルダム・ド・パリ」等を通してミュージカル俳優として活動していた。

一方、チョン・ドンハは最近、8年間交際をしてきた恋人と結婚すると発表し話題を集めた。チョン・ドンハは1月11日仁川 (インチョン)のホテルで非公開で結婚式を挙げる。

これについてネットユーザーたちからは「チョン・ドンハがプファルを脱退するのは残念だ」、「なぜ脱退するのか知りたい」、「脱退はソロに転向するということか」、「脱退しても応援しよう」などの反応がみられた。


More
[PR]
by isa-syoujiten | 2014-01-11 22:49 | 韓国 | Comments(0)

「書三読」とは

ハンギョレ新聞のコラム「シン・ヨンボクの絵の思索」からです。

독서 読書


d0041400_2345569.jpg



‘서삼독’(書三讀)은 책을 읽을 때는 반드시 세 가지를 읽어야 한다는 뜻입니다. 첫째 텍스트를 읽고, 다음으로 그 필자를 읽고, 그리고 마지막으로 독자 자신을 읽어야 한다는 뜻입니다. 일단은 텍스트를 충실하게 읽는 것이 필요합니다. 그러나 모든 필자는 당대의 사회역사적 토대에 발 딛고 있습니다. 그렇기 때문에 그 텍스트의 필자를 읽어야 합니다. 최종적으로 독자 자신을 읽어야 하는 까닭도 독자 역시 당대 사회의 문맥(文脈)에 갇혀 있기 때문입니다. 독서는 책상 위에 올라서서 더 먼 곳을 바라보는 조망입니다. 그리고 ‘저자의 죽음과 독자의 탄생’으로 이어지는 끊임없는 탈주(脫走)입니다.


「書三読」とは、本を読むときは必ず三度読まなければならないという意味です。最初はテキストを読み、次に筆者を読み、そして最後に読者自身を読まねばならないということです。まずはテキストを忠実に読むことが必要です。しかしすべての筆者はその時代の社会歴史的な土台に立脚しています。そのためにテキストの筆者を読まなければなりません。最終的に読者自身を読まなければならないというのは読者もやはりその時代の社会の文脈にとらわれているためです。*読書は机の上に立ちより遠くを見ること、「眺望」です。そして「著者の死と読者の誕生」へと続く絶えることのない「脱走」です。


신영복 성공회대 석좌교수
シン・ヨンボク 聖公會大學 客員教授 

-2012.03.16 [신영복의 그림 사색]


*読書は机の上に立ちより遠くを見ること⇒「책상 机」
[PR]
by isa-syoujiten | 2012-08-04 23:07 | 新聞 | Comments(0)

「机」/映画『いまを生きる』

ハンギョレ新聞のコラム「シン・ヨンボクの絵の思索」からです。

책상 

d0041400_12453682.jpg


영화 <죽은 시인의 사회>의 마지막 부분에 감동적인 장면이 나옵니다. 학교를 떠나는 존 키팅 선생과 책상 위에 올라서서 선생을 배웅하는 학생들의 모습입니다. 공부란 무엇인가? 공부란 책상 앞에 앉아서 텍스트를 읽고 밑줄을 그어 암기하는 것이 아닙니다. 책상 위에 올라서서 더 멀리, 더 넓게 생각하는 것이 진정한 공부입니다. 책상은 그것을 위한 디딤돌일 뿐입니다. 모든 시대의 책상은 당대 사회의 지배 이데올로기를 주입하는 장치입니다. 책상 위에 올라서는 것은 ‘독립’입니다. 새로운 시작입니다. 변화와 저항입니다. 그리고 “저항이야말로 창조이며, 창조야말로 저항입니다.”


映画「死せる詩人の会」の終わりの部分に感動的な場面があります。学校を去るジョン・キーティング先生と、机の上に立ち先生を見送る学生たちの姿です。勉強とは何か。勉強とは机の前に座ってテキストを読み、線を引いて暗記をすることではありません。机の上に立ってより遠くより広く考えることが本当の勉強です。机はそのための踏み台にすぎません。机はどの時代であれ、社会の支配イデオロギーを植えつける装置です。机の上に立つことは「独立」です。新たな出発です。変化と抵抗です。そして「抵抗こそは創造であり、創造こそは抵抗なのです。」



신영복 성공회대 석좌교수
シン・ヨンボク 聖公會大學 客員教授 

-2012.03.09 [신영복의 그림 사색]



영화 <죽은 시인의 사회>
邦題『いまを生きる』/原題『Dead Poets Society』 (Yahoo!映画より) 

1959年、バーモントにある全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。破天荒な授業を通して、詩の美しさや人生の素晴らしさを説く教師に惹かれていった生徒たちは、彼がかつて学生だった頃に作っていた“死せる詩人の会”という同好会を自分たちの手で復活させる。ドラマの背景となる、初秋から冬にかけてのニューイングランド地方の風景も美しい。


予告編


[PR]
by isa-syoujiten | 2012-07-29 12:51 | 新聞 | Comments(4)

「夜深星逾輝」

ハンギョレ新聞に連載されていたコラム「シン・ヨンボクの絵の思索」の最終回です。


야심성유휘
夜深星逾輝


d0041400_17221223.jpg



야심성유휘(夜深星逾輝)
“밤이 깊으면 별은 더욱 빛난다.”
이 말은 밤하늘의 이야기일 뿐만 아니라
어둔 밤길을 걸어가는 수많은 사람들의 이야기입니다.
밤이 깊을수록 별이 더욱 빛난다는 사실은
힘겹게 살아가는 모든 사람들의 위로입니다.

夜深星逾輝
「夜が深まると星はより輝く」
この言葉は夜空のことだけでなく
暗い夜道を歩く数多くの人々のことです。
夜が深まるほどに星が光り輝くという事実は
かろうじて生きているすべての人の慰めです。


몸이 차가울수록 정신은 더욱 맑아지고
길이 험할수록 함께 걸어갈 길벗을 더욱 그리워합니다.

体が冷えるほどに精神はより冴えて
道がきびしいほどに一緒に歩く友がよりいとおしくなります。


맑은 정신과 따뜻한 우정이야말로
숱한 고뇌와 끝없는 방황에도 불구하고
그 먼 길을 함께하는
따뜻한 위로이고
격려이기 때문입니다.

澄んだ精神と暖かな友情こそは
多くの苦悩と終わりのない彷徨にもかかわらず
その遠い道のりを共にする
暖かい慰めであり
励ましであるからです。


신영복 성공회대 석좌교수
シン・ヨンボク 聖公會大學 客員教授 

-2012.05.18 [신영복의 그림 사색]

[PR]
by isa-syoujiten | 2012-07-26 17:29 | 新聞 | Comments(0)

「道の心」

ハンギョレ新聞に連載されていたコラム「シン・ヨンボクの絵の思索」からです。
毎週土曜日に掲載されていました。(2012年5月18日最終)

길 마음
道の心


d0041400_22231556.jpg



도로는 직선이기를 원하고 고속이기를 원합니다.
道路は直線であろうとし高速であることを求めます。
길은 곡선이기를 원하고 더디기를 원합니다.
道は曲線であろうとし遅いことを求めます。
도로는 속도와 효율성이 지배하는 자본의 논리이며
道路は速度と効率性が支配する資本の論理であり
길은 아름다움과 즐거움이 경작되는 인간의 원리입니다.
道は美しさと楽しさをつちかう人間の原理です。
도로가 목표에 도달하는 수단이라
道路が目標に到達する手段であるなら
길은 자기 자신이 목표입니다.
道は自分自身が目標です。
우리의 삶은 다른 어떤 가치의 하부가 아닙니다.
私たちの人生は他のどんな価値の下になるものではありません。
우리는 매일같이 직선을 달리고 있지만
私たちは毎日のように直線を走っていますが
동물들은 맹수에게 쫓길 때가 아니면
動物は猛獣に追いかけられる時でなければ
결코 직선으로 달리는 법이 없습니다.
決して直線に走ることがありません。
우리의 삶은 아름다운 길이어야 합니다.
私たちの人生は美しい道でなければなりません。
한 걸음 한 걸음이 보람찬 시간이어야 합니다.
一歩一歩が生きがいに満ちた時間でなければなりません。


신영복 성공회대 석좌교수
シン・ヨンボク 聖公會大學 客員教授 

-2012.04.27 [신영복의 그림 사색]

[PR]
by isa-syoujiten | 2012-07-24 22:38 | 新聞 | Comments(2)


「いさのハングル小辞典」をリニューアル。韓国と韓国語が好きな人と交流したいと願っています。2014年4月の韓国語能力検定試験で6級合格しました(^^*)


by いさ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

ようこそ!マイブログ
韓国の言葉・学習
日々のつぶやき
本との出会い
食べ物이야기
韓国
E-映画
D-ドラマ

新聞
台湾

タグ

(107)
(87)
(49)
(44)
(42)
(41)
(33)
(32)
(29)
(29)
(25)
(24)
(24)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(17)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)

最新のコメント

◇Mさん こんにちは。..
by isa-syoujiten at 19:08
いささん、こんにちは。 ..
by M at 15:08
◇鍵コメさま 10年も..
by isa-syoujiten at 14:20
◇鍵コメさま 私も残念..
by isa-syoujiten at 18:15
◇takさん 「ヨンシ..
by isa-syoujiten at 21:17
今日、「ヨンシル」が終わ..
by tak at 21:38

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いずみのはんぐんまる日記
韓国語学習日記
あるびん・いむのピリ日記
旧・EVERGREEN ...
春風 吹いたら ~韓国語...
覚えたい韓国語
テクテクフォト
思いっきりHighkick
ありのままに、わがままに行こう
シアワセノカケラ
カジャ*カジャ**韓国!!
なんとなく韓流     ...
キルトで9条
まい ふぇいばりっと ...
お茶にしよ~っと。
韓国ときど記
喫 茶 素 描
空とぶっちゃの日々
めざめ日記
Nothing is u...
つれづれなるまにまに
マサモトママの日々の出来事
朝風がさわさわ
kdw231's world.
アルムダウン セサンが ...
幸せごっこ
韓国語って面白い
だいじょうぶ できる!で...
koe&Kyo 日々燦々
私的韓国語メモ
ぶん屋の抽斗
It's our tim...

リンク

最新のトラックバック

落ち込んだ時に励ましてく..
from 雪月花
秋の終わりの山梨へ (写..
from わたしの青い☆そら☆
ことわざ 속담
from 韓国語って面白い

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

語学
韓流スター・ドラマ

画像一覧